尾花沢人が教える
スイカ・すいか・西瓜絶対失敗しない選び方


スーパーや八百屋さん、そろそろ夏の暑さがやってくると同時に、店頭には沢山の西瓜を目にする機会が多くなってきますよね。本場尾花沢の西瓜の旬は、7月末〜8月上旬です。
私も様々なところで物産展や催事で尾花沢スイカを販売しています。

その時、
必ずと言っていいほどお客様は、スイカを「ポン・ポン」と叩いて判断しています。
そして結局分からずに、
「あなたプロなんでしょ?どれが良いか選んでよ。ちなみに美味しくなかったら持ってくるからね!」の決まり文句。こんなこと言った経験ありません?
私たちが居る目の前で購入するのであれば、選ぶことができますが、ほとんどの方はスイカを自分で選んでますよね。私たちは、
尾花沢スイカはもちろん、全国の美味しいスイカを食べていただき、スイカ消費が少しでも多くなるように、失敗しないスイカの選び方をお教えします。

たかがスイカ!されどスイカ!慎重に吟味してくださいね。

選択するポイント
いつ頃食べるのか?
スイカの完熟度
食べごろ時期を見極める
一番甘いのはどれか?
せっかく食べるなら美味しいところ、
しかし覚えておきたデメリット

その二つについては叩かずして意外と正確に判断できます。
それでは早速確認してみましょう!!

いつごろ食べるのか? の判断基準  
POINT:ケツ穴のでかさ  

ツル付きのスイカはほとんどのスーパーで販売されておらず、収穫時期が分かりません。
ツルの色を見たくてもわかりません。収穫(ツルを切った)段階でスイカの生長は止まっています。
判断するのは店頭に並ぶツル(上部)ではなく、スイカのケツの穴(下部)を見ます。

この穴が大きければ大きいほど、食べごろ=日持ちしない=完熟となります。
逆に穴が小さければ小さいほど、日持ちするということになります!

そしてできるだけツル部分が緑色になっているスイカを選びましょう!(ココ重要)

[例]火曜日あたりにスイカを買いに行き、週末に食べるスイカを購入する場合は穴の小さいスイカを
   逆に、今夜食べる!という場合はいきなり大きい穴のスイカをお勧めします。

お客様個々に食べる時期やタイミングは異なります。ですので、いつ食べるのか?大きい物なのでみんなで食べる。その日を明確にして選ぶ基準にしてください。
同様に、ご進物としていただいた場合も、穴の大きさに応じて食べる時期を選んでみてはいかがでしょう。

食べ頃じゃないからと言って、決して味が悪いわけではありません。
 

一番甘いのはどれか?
POINT1:ハッキリしたシマ模様  
スイカのシマ模様は、人の顔と同様ココに異なっています。スイカの美味しい基準は何と言ってもシマ模様のハッキリ感です。きっちりとした目鼻立ち!って感じです。しかし品種によっても異なる場合がありますがほとんどの品種に言えるでしょう。
 

シマ模様は緑と黒の二色ですが、その境目がハッキリしていればいるほど甘い!
多少ぼやけている様な境目は期待できません!

境目がハッキリしていて、黒のシマが激しい羅列模様であれば更に美味さは期待できます!
 

POINT2:上部のへこみ具合  
日持ちから選ぶ場合は、ケツの穴の大きさを確認しますが、糖度を見るには上部のツルの周囲部分をみるんです。日持ちを考えずに、甘さだけを見る場合は、これだけ見ればOKですね。
一目で分からない場合は、他のスイカと比較して触ってみてください。意外と違いが簡単に分かりますよ。

スイカの甘さを見る場合は、ツル部分(上部)のへこみ具合を確認します。
くぼみが激しいほど甘いスイカといえるようです!

更に、ツル周囲のシマ模様(緑と黒)が若干ですが、凹凸になっているのが分かります。
その凸凹が激しいほど美味いスイカに当たる確立は高くなります。

触れる際、くぼみと凹凸を注意してみてください

 

ここでデメリット!

一番甘いスイカが食べたい!確かに間違いはありません。ですが、それに伴うリスクも出てきます。
スイカはツルを切った段階で成長が止まります。そうすると中の種がその瞬間から発芽しようと、赤実部分の栄養素をうばい始めます。
スイカ切ったときにどうしても種の周りが少し柔らかく、黒ずんでいるように見えるのはそのためなんです。
糖度が多いスイカになればなるほど、その影響を受けやすいので、甘いスイカを購入した場合でもあまり日を置かないほうがいいでしょう。。

せっかくのスイカが地元尾花沢の言葉でいうミソスイカになっちゃうといけませんので。
美味しいスイカを美味しくたべましょう!


 

このような事を十分理解して、スイカを購入するときの目安にすれば、
きっと美味しいスイカに会えるでしょう!!!

戻 る