<味な話>

戸沢村の角川餃子


お隣戸沢村の角川地区は、里の自然環境学校として体験型修学旅行の受け入れなどで人気があります。
そしてこの角川里の自然環境学校には、角川食の教室があり、ここで、本場中国の味の「角川餃子」を作っています。
作っているのは、中国から角川にお嫁に来たお母さん。
中身の具材から外側の皮まですべて手作りによって仕上げられ、本場中国の味を再現しています。

ふわふわもちもちした食感、厳しい角川の気候で育まれた地元の野菜、真心のこもったおいしい餃子を食べることができました。
角川餃子のラインナップは、青豆餃子、玉葱餃子、白菜餃子、せろり餃子、ヘルシーなのにボリュームがたっぷりでした。
今回はせろり餃子を水餃子にして食べました。
せろり餃子というのは初めて食べたのですが、とてもおいしく、ちょっとはまりそうですね。
冷凍状態での販売なので保存も効き便利ですね。

勘次郎胡瓜