<味な話>

新庄名物「もつラーメン」


安くておいしいラーメンは全国どこでも人気です。
新庄でも、名物ラーメンとして、古くから鶏のもつ煮込みをチャーシューの代わりにのせた「もつラーメン」が地元では人気です。
このラーメンと鶏(トリ)モツ煮という意外な組み合わせ、聞くところによると40年ほど前から始まったのではないかということです。

新庄ではかつて養鶏が盛んでした。
大切なお客様を迎える日には、鶏一羽をさばいて、さまざまな料理にしてもてないsた、というようなことを聞きます。
鶏モツ煮もその一品で、ラーメン屋さんのサイドメニューにもあったということです。
そのサイドメニューだった鶏モツ煮をラーメンにトッピングして食べたお客さんが、あっさりとしたしょうゆ味のラーメンに、鶏モツ煮のまったり感がコクとなって、あまりのおいしさに定着していったということです。
私が聞いたところでは、鉄砲町にある一茶庵支店が元祖ではないかということです。
今は、「愛をとりもつラーメンの会」という組織ができており、一茶庵支店で修行をしたという「梅屋」さんが事務局長をされています。
他のお店でも、たいてい「もつラーメン」というネーミングでメニューに載っていますが、「末広」さんだけは、独自に「スタミナラーメン」という名前にしています。

写真は、私の先輩で、師匠でもあるO(オー)さんからいただきました。一茶庵の写真です。(Oさん、ありがとうございます)
新庄に来たら是非一度、この「もつラーメン」を味わってみてください。

新庄名物くじらもち