<巨木王国>

舟形町 念仏の松

新庄から亀割りバイパスを通って最上町瀬見温泉に向かう途中、長尾トンネルを過ぎると、右手側の小高い丘の上に、このマツはあります。
バイパスができて湯治の面影はなくなりましたが、旧瀬見街道は、瀬見から休場に抜けたものだったそうです。
その昔、仙台・南部地方の出羽三山参拝者は、鳴子街道で月山に向かいましたが、このマツのところに来て初めて月山を仰ぎ、その礼法の素晴らしさに、ありがたさに感極まって念仏を唱えたということから、このマツは念仏のマツと呼ばれるようになったそうです。
ところで、丘の上に登って念仏のマツのところから見える山というのは、実は葉山が本当で、月山は見えないと言うことです。
葉山を月山と誤認して念仏を唱えたのかどうか、その真相は、まだはっきりしていないということです。
この念仏のマツは、樹形が美しく、東隣に大駐車場もあり、手頃に見に行けますので、是非一度ご覧になってみてください。
最近、訪れる人が多いので看板が出来たかも知れません。もしかしたら、すぐそばにも駐車場ができたかもしれません。
舟形町の指定天然記念物です。

幹周/4.5m 樹高/15m 樹齢/500年以上


大蔵村・白須賀のミズコナラへ