<巨木王国>

大蔵村 白須賀のミズコナラ


大蔵村白須賀の早坂光樹氏宅の裏庭にあるミズコナラの巨木は、大蔵村指定天然記念物です。
昔から早坂のミズナラと呼ばれて尊崇されてきたそうですが、近年、植物学で有名な故結城嘉美氏により、ミズナラとコナラの雑種のミズコナラであると判定されました。
ところで、大蔵村の白須賀にまつわるお話も、ここでご紹介しておきます。
大蔵村の白須賀は、天正年間の頃は、「新田村」といいましたが、2万7千石を誇った清水城の落城後は「白山様」の白をとって、「白州賀」と名乗ったということです。
しかし、「白州」は法定であることから、安政年間に再度名を変更し、現在の白須賀になったということです。

さて、このミズコナラ、樹高15m、幹周6.5m、根回りは9.8mあり、ミズコナラとしては全国一の幹周です。

鮭川村・トトロの木へ