<巨木王国>

野中のうんば杉


野中のうんば杉を見に行きたいと思っていましたが、なかなか道がわからず、野中に住んでいる後輩に教えてもらいました。
新庄市の野中地区の集落に入ると、T字路のようなところに出ますが、実は、舗装されていない田んぼ道へと続くまっすぐな道があります。
そこを道なりに進んで約1km、右に曲がっていくと下の写真のように、案内標識が見えてきます。
この杉は、昔から乳がよく出るようになると信じられている神様をまつる堂のそばにあるため「うんば杉」と呼ばれています。
「乳母(うば)」をこの地方では「うんば」と呼んでいたんでしょうね。
幹周は5.6m、樹高は24mあり、推定樹齢は800年ぐらいではないかといわれています。
一番下の由来の説明板もご覧になってください。


新庄市・角沢清水のイタヤカエデへ