<人の物語>

観光さくらんぼ園の中川新一さん


新庄市で一番最初に観光さくらんぼ園を開園した新庄市泉田の中川新一さん。
中川さんは、新庄市果樹研究会の会長です。
中川さんは、新庄市内で果樹を栽培する約20人で組織する新庄市果樹研究会の代表で、15年ほど前からサクランボ栽培に取り組んでこられました。


中川さんは、「寒暖の差がある新庄のサクランボは、糖度が高く風味もあり、日持ちもする。他の産地に劣らない」と話されています。
すでに、観光ルートにも組み込まれたツアーも商品化されている他、肘折温泉の旅館などとの連携も動き始めています。
例年、6月20日頃から7月上旬まで行われということです。
写真はさくらんぼ狩り観光客に、見事に実ったさくらんぼの説明をしている中川新一さんです。


さくらんぼ狩りを楽しむ人達

貝雛の丹さんへ