<TOP>

もがみ雛めぐり

江戸時代、京都へ紅花を運ぶために最上川舟運が発達した山形県。

享保年間に最盛期を迎え、舟運で栄えた豪商たちは、当時京都で流行した雛をこぞって買い揃えたということです。

新庄もがみ地方の旧家にも、享保雛をはじめ、当時の繁栄を偲ばせる雛人形などが残されています。

雪国・新庄もがみ地方のでは、月遅れの4月3日にひな祭りを行います。

各家庭では家中の雛や人形を飾り、その周りに錦絵などを飾る風習があります。

んな新庄もがみ地区に残された素晴らしい雛人形や雛めぐりの様子をお届けします。

         「雪の里に 春の足音 雛めぐり」

          

歴史センターひな祭り展 新庄藩主ゆかりの雛人形
歴史センターのお雛様たち 琉球人形
深田菓子舗のお雛様 大石呉服店の芥子雛
割烹つたやのお雛様 鮭川村・池之家の雛人形
鮭川村・池の家の雛点心 金山町・カネカ邸のお雛様
金山町・まるい邸のお雛様 最上町・喜至楼閣のお雛様