<最上川の詩>

矢向神社(矢向大明神)


八向楯は最上川右岸の八向山山頂に築かれた中世の城(楯)です。最上川の方に突き出た尾根筋を二重・三重に断ち切って、本丸・二の丸・三の丸の郭を区画し、それぞれの境に薬研(やげん)掘りの二重の深い空濠(からぼり)を設けています。
本丸の南側は最上川に面した高い断崖で、この脚下を洗う激流によって、かなり浸食されています。
各郭の東西の両側は深い谷に囲まれている堅固な楯です。

さて、本丸南面の白い断崖中腹に祀られている<矢向神社>は、平安時代前期、貞観16年(874)の昔、政府から従五位を授けられた式内社「矢向神」とされ、古来、最上川を上下する舟人の信仰が厚く、同時代末、文治3年(1187)、兄頼朝と対立した源義経は、舟で最上川をさかのぼり、本合海で上陸して奥州平泉に向かいましたが、この時義経も「矢向大明神」を伏し拝んだと「義経記」に記されています。

残念ながら、この矢向神社へは舟で登り口に行くしかなく、今は一般の人がお参りすることはできなくなっています。
地元の人が、舟でお参りしているようです。

芭蕉乗船の地へ