<学校(蛍雪時代)>

新庄市立升形小学校



校章について
美しい自然の中に、清流鮭川と升形川の交わる河岸段丘に升形小学校がある。
四つの升は、本校をとりまく、四つの部落を表し、その中心に母校がある。
自分たちの学校として、互いに、力を合わせ、発展を希う気持ちがこの図にこめられている。
校歌の中にも、
「力をあわせ、あらしにたえて・・・・」
と、心とからだがたくましく伸びる子を希って歌われている。
図案は、昭和28年応募により、卒業生の小野明弘君の作であることが、学校沿革誌に記されている。

升形小学校校歌
作詞 芳賀秀次郎 作曲 斎藤次郎

丘の 若杉 匂う 夜明けの
あかるい風です のぞみです
ああ鳥海が 呼んでいる
若いぼくらを 呼んでいる
行こうよ 正しく 力を合わせ
升形 升形 かがやく母校

升形川の めぐる岸辺に
高鳴る 歌です 未来です
ああ月山が 呼んでいる
遠くみんなを 呼んでいる
行こうよ おおしく あらしに耐えて
升形 升形 かがやく母校

楯の秋草 そよぐ夕べの
ゆたかな愛です 歴史です
ああ野も山も 呼んでいる
雲のひかりも 呼んでいる
行こうよ  まことの 道ひとすじに
升形 升形 かがやく母校

本合海小学校へ