<学校(蛍雪時代)>

新庄市立日新中学校



校章について
「ひいらぎ」
私たちのシンボル 
葉肉の厚さは 心情の豊かさを
あせない常緑は 変わらぬ節操と友情を
葉先の針は するどい英知と限りない希望を
しなやかな中に強さを持つ幹は 人間としての柔らかさと強じんさを
芳香の放つ花は 人を近づけ 人に親われる信頼と徳と
この木 ひいらぎは 言わずして 教える

新庄市立日新中学校校歌
作詞 宍戸一郎 作曲 工藤八郎

最上の文化 咲くところ
真理の窓に 夕映える
月山の嶺 のぞむとき
ああ すこやかに のびてゆき
よろこびふかく わきかえり
あすの希望に 胸おどる

自由の園の 華ひらく
たのしくはれた グラウンドの
大地を蹴って とびはねる
おお さわやかな 心身に
自律の道を ゆくものの
今日のつとめを はたそうよ

めぐる月日の 三星霜
たがいにかたる 思い出の
山よ小川よ 白雲よ
ああ なつかしの 友をよぶ
われらの母校 日新中
とわのさかえを うたおうよ
(昭和26年3月10日制定)

明倫中学校へ