<学校(蛍雪時代)>

山形県立農業大学校


昭和30年に、新庄市松本のデンマーク農法指導農場のあとに、山形県立農業試験場経営伝習農場として設立され、昭和41年山形県農業経営研修所に改称、昭和51年山形県立農業経営大学校に改称し、昭和53年、現在の山形県立農業大学校に改称されました。
その後、近隣に畜産試験場、研修所「緑風館」などが建設され、風景はデンマーク農場を思わせる風情をかもし出しています。
農大の前には、ポプラ並木があったのですが、老木化が進んだためか伐採されてしまいました。
近年は農大市場が建設されるなど、環境整備が一段と進んでいます。


左側が「緑風館」、奥に見えるのが畜産試験場です。