<学校(蛍雪時代)>

新庄市立萩野小学校 土内分校


萩野の土内地区にある旧萩野小学校土内分校です。
土内分校は、2004年(平成16年)3月21日に閉校式が行われました。

土内分校は31年4月、土内分教場として開設されたました。
1年生から4年生が学ぶ複式の分校で、最盛期の64年は、児童数37人を数えたということですが、20004年度(平成16年度)は1〜3年が各1人、4年が3人の計6人でした。
翌年の新年度は5年となる3人が本校へ移り、2人が転校するため、1人しか児童が残らないことになり、閉校ということになりました。

当時の分校で開かれた閉校式には、児童や歴代校長、分校教諭、地域の人たち約130人が出席され、73年という歴史の幕が閉じられました。

閉校式で、児童6人は一人一人が思い出に触れながら、
「いろいろなことを教えてもらった分校がなくなるのはつらいが、心に中には分校が建ち続けています」
と別れを告げたそうです。

訪れた、歴代校長や先生、地域の人、卒業生、分校と共に歩んだ方々も、古いアルバムをめくりながら、お世話になった分校に「ありがとう」と心の中でつぶやいたのではないでしょうか。

旧角沢小学校へ