<あきない話>

一茶庵本店の「ダブル」

新庄には一茶庵という名前が3店(本店、支店、分店)あります。
経営者が違うのでメニューも違いますし、それぞれ有名なメニューがあります。

私ではうまく説明出来るか分からないのですが、駅前5差路から日本生命脇の奥にある本店は「つけ冷やし中華」が、駅前にある分店は「升そば」、鉄砲町の支店は「元祖もつラーメン」と、それぞれが個性的な味を持っています。

そうした一茶庵の中で、今日は本店の「ダブル」という変わった名前のメニューをご紹介します。

上のメニューには、「ダブルでお得」と紹介されていますね。
昔は、この「ダブル」という言葉は店内にはありませんでした。
このダブル、実は暖かい中華とつけ冷やし中華を一緒に頼むことなんです。
どちらも大変おいしいので、両方食べたかった人が頼んだんでしょうね。
でも、値段はそれぞれの値段分でした。
ところが、今では、二つ一緒に頼むこの「ダブルで!」と注文すると、100円お得になるという、メニューとなりました。

(このメニュー表の値段は2006年現在です)

さて、中華は昔ながらの中華で、飽きの来ない私も大好きな味です。
また、他には無いと思われるのが、つけ冷やし中華です。
このつけ冷やし中華は普通のあのすっぱい冷やし中華とはまったく異なります。
中華そばの麺に、独特のめんつゆで食べます。
お店の食べ方のお勧めとして、つゆに酢・ゴマ油・わさびなどをお好みで調合し、麺をつゆにつけながら食べるもよし、麺につゆをかけてもよし、とありました。
私は「つけ冷やし中華」ということで、麺をつゆにつけながら食べる方です。
つけ冷やし中華一人前だと、男性には少々物足りない感じもしますので、特盛(約2人前)で頼んでいる人もいます。
こうしたことから、ダブルで暖かい中華とつけ冷やし中華2つとも、食欲旺盛な男性なら十分食べられます。
新庄に来て、ラーメンを食べる際に、ちょっと通のふりをして「ダブル下さい!」と頼んでみませんか。

ちなみに、これは携帯で撮った写真であまり写りが良くなくてすみません。お店の人に断って写真を撮らせてもらったつけ冷やし中華です。

私の先輩で、師匠でもあるO(オー)さんから、暖かい方の中華そばの写真をいただきました。
どうですか。
この暖かい中華とつけ冷やし中華。
「ダブル」で食べてみたくなりませんか?

O(オー)さん、写真どうもありがとうございました。

 三浦焼きそばへ