<鉄路の町>

陸羽東西線物語

陸羽東線は太平洋と日本海を結ぶ路線として計画されました。
まず、太平洋側は、1913年(大正2年)4月に小牛田・岩出山駅間が開通し、翌年4月に川渡駅(現在の川渡温泉駅)へと伸び、1915年(大正4年)4月に鳴子駅(現在の鳴子温泉駅)に至りました。
次に日本海側として、まず1915年(大正4年)11月に新庄・瀬見駅(現在の瀬見温泉駅)間が開通し、翌年8月に羽前向町駅(現在の最上駅)に進み、1917年(大正6年)11月の鳴子・羽前向町駅間が開通し、陸羽東線と名づけられました。
陸羽西線は、新庄・酒田間を結ぶ計画の下、明治の末期に建設が始まりました。
まず、新庄・古口間が1913年(大正2年)12月に開通し、その後1914年(大正3年)6月に清川駅、8月に狩川駅へと伸び、9月の余目駅への到達をもって
全線開通しました。
その後、陸羽東線が1917年(大正6年)11月に全通したことことで、名称が「陸羽西線」となりました。

その後、1999年(平成11年)12月、山形新幹線新庄延伸に伴い、新幹線から接続する東北大陸を横断するこの陸羽東西線に愛称をつけようと、新庄市が事務局となった当時の陸羽東西線利用推進協議会が、全国に愛称募集活動を行い、全国から応募された多数の中から、両線に共通するイメージワード「奥の細道」とさらに両線それぞれの沿線の特徴をつかんでいるということで、陸羽東線に「奥の細道湯けむりライン」、陸羽西線に「奥の細道最上川ライン」という愛称選ばれ、JR東日本でこの愛称が認証され、決定されました。

この愛称により、車内放送で最上川や温泉が紹介される他、時刻表やさまざまな分野で、地域の文化資源である最上川や温泉がPRされています。

新庄駅とゆめりあへ