<新庄写真館>

アジサイステージ


昭和最後の総理大臣「竹下登首相」が、ふるさと創生事業として全国の市町村に対し昭和63年から平成元年にかけて一律1億円を交付税措置しました。
なんだか随分昔のことのようになってしまいました。
当時、全国でいろんなアイディア事業が紹介されたのをご記憶の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
赤字再建団体となった北海道夕張市では「夕張市 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭を開催」、山形県では現庄内町の立川町が「自治体としては全国初の風力発電施設を設置」、これは後にプロジェクトXでも放映されましたね。
新庄市でもアイディア公募などが実施されたようですが、このふるさと創生事業の中の一つとして建設されたのが、このアジサイステージです。
当時は、若い人がこのステージを利用してバンド練習やコンサートなども開催されました。
今では、あまり使われることもなくなってきました。

春の味覚かど焼きまつりが最上公園で開催されます。
冬には雪祭り会場にもなります。
このアジサイステージは、ふるさと歴史センターの隣にあるので、歴史センター前の道路幅も大きく広がったし、収穫の秋にも、街の中にあるこの広場でこのステージも活用しながらイベントを繰り広げられたらいいですね。

将軍の孫へ