<新庄写真館>

明日へ


平成4年、べにばな国体が開催されました。
新庄市は人口4万人ながら、自転車、バドミントン、ボクシングと3つもの競技を開催しました。
これは、他の市に比べたらダントツで、驚異的な受け入れでした。
それだけ、この3競技では、新庄市は全国大会優勝など、様々なな実績を誇っているからでしょう。

歴史センター前の広場との間の通路に建てらているこのモニュメントは、そのべにばな国体を記念してつくられた彫刻です。
タイトルは「明日へ」
東北芸術工科大学教授・峯田義郎氏の作品です。
二人は何を眺めているのでしょうか。


さて、この下にはタイムカプセルが埋められているということです。
次に山形県で開催される国体の前の年に開けられると記されていましたが、覚えていられるでしょうか?

サイクルスポーツセンターへ