<史跡めぐり>  <花アルバム>

新庄藩主戸沢家墓所


ここは、瑞雲院にある新庄藩主戸沢家墓所、江戸時代最上地方一円を治めた戸沢家歴代の墓所です。
茅葺きで、タイムスリップしたような空間は、私の好きなところの一つです。


戸沢家は、応永31年(1424)13代家盛の代に秋田県角館城に居を構え、戦国大名としての地位を築きました。
その8代後、新庄の藩祖となった政盛の代に常州(現茨城県)松岡4万石に国替えとなり、慶長7年(1602)から元和8年(1622)までの20年間を茨城県の小川町と高萩市で過ごしました。
元和8年(1622)、またの国替えで、羽州最上郡と村山郡の一部6万石を賜り、新庄に入部してから廃藩置県まで、11代の藩主がここに支配しました。


墓所はここ新庄市瑞雲院と、もうひとつ桂嶽寺の2ヵ所にあります。
向陽山瑞雲院(曹洞宗)は、山形県白鷹町瑞龍院の末寺で、藩政時代寺領150石を有し、領内禅宗の事務を統括する禄所だったということです。
初めは、城下町北の入ロの要として、羽州街道西側に建立されましたが、元禄14年(1701)全焼し、寺地を宝永3年(1706)東側の現在地に移したということです。
その際に、焼寺の西奥に墓石のみであったものを、現在の廟建築の形式に変えたものと思われるということです。
ここには6棟の廟があり、2代正誠を除く10人の藩主が葬られています。

御廟所は、御霊屋(おたまや)と呼ばれ、建立された順序は、瑞雲院1号棟(1704〜1721推定)・桂嶽寺御廟所(1724)・瑞雲院2号棟(1742)・3号棟(1747)・4号棟(1782)・5号棟(1788)・6号棟(1798推定)の順となります。
造りは、単層宝形(ほうぎょう)造りで、大きさはそれぞれ違うが、いずれも絵欅(けやき)造りで、石場の上に土台を据え、丸柱を建て、柱間に厚い板をはめこんで壁としています。
入ロは観音開きの扉で、床は石畳で板敷きはありません。
屋根は全て茅葺きで、大変美しい姿を形作っています。


この堂の中をご覧になったことがありますか。
堂の中には、歴代藩主とその正室(1基のみ側室)、家族の墓石が納まっています。
総数は27基で、藩主11名と正室6名、側室1名、その他9名です。
その他の9名のうち、4名が9代正胤の子どもたちであるのが注目されます。

この墓所、実は全国に多数ある近世大名の墓の中で、藩主とその正室や子ども、側室など一緒に葬られているのは極めて稀だというこで、歴史的にも大変貴重な墓所です。
また、各歴代藩主の墓が一堂にあることから、1700年代の初期から後期に亘る約100年の間の建築様式の変化が、その時代時代の新庄藩政の姿を浮き彫りにするものとして、そういう意味においても歴史的に大変興味深いとされています。

瑞雲院 6棟(山形県新庄市十日町太田)

桂嶽寺 1棟(山形県新庄市十日町上西山)については、改めて紹介したいと思います。


桂嶽寺戸沢家墓所へ

桜めぐり・エコロジーガーデンへ