<新庄写真館>

一の滝渓谷遊歩道

杢蔵山の登山道は、車で上れる砂利道と、うっそうと繁る林に囲まれた旧登山道があります。
一の滝渓谷遊歩道は、この旧登山道の一部を利用して、昭和48年(1973)に作られたということです。
高さ約10mの一の滝までの約1km、幅は約1mほどの涼やかな遊歩道です。

一の滝の滝そばには、小さなお不動様が祀られています。
昔は、行者が籠もって修行した地でもあり、旧藩時代は、東風が吹き続けると法印様に護摩を焚かせ、祈祷させたところとして、不動明王が祀られたのではないか、といわれているようです。

遊歩道は途中渓流を二ヵ所横切ります。
丸木橋がかけられ、子ども連れでも楽しめる、割合に平坦なコースです。

登山道入口です。

沢が流れています。

登山道と渓谷遊歩道の分岐点です。

ここから右側に降りていって、渓谷沿いに歩いていきます。

丸太橋で渓流を渡ります。

もう一つ渡ります。

涼やかな水の流れです。

一の滝が見えてきました。

一の滝です。

左手の方に登ると、案内があり、右側に降りると一の滝に近づけます。

滝のすぐ側に、不動明王が祀られています。

この後も渓谷遊歩道という方向に登って
がんばって歩くと三の滝を観ることが出来ます

杢蔵山へ