<史跡めぐり>

まかどの地蔵


金沢接引寺の山門脇に大きな石の地蔵様が安置されています。
春秋の彼岸のときは、決まって、地蔵様の口もとがぼた餅や団子のあんこで汚れています。
寺参りに来た人々が、家から持ってきたぼた餅を、地蔵様に食べさせるのです。

なぜこのようなことをするのかご存じですか?
それはこの地蔵様が建てられた由来に関係しているといわれています。

宝暦5年(1755)は「亥年の凶作」といって、ひどい冷害の年でした。
このため、穀物は実らず、無数の餓死人がでました。
他国から流れ来る乞食の群れも限りなく、町外れの太田・荒小屋・金沢辺に野宿していましたが、疫病のためばたばたと倒れていきました。
藩では、これらの死骸をはじめは接引寺境内に葬っていましたが、犬や狼が掘り出すのと、また餓死人の急激な増加の故に、角沢街道の松本村外れに大きな穴を掘って、次々と投げ込みました。
この年の夏、例年にないウンカが大発生して、稲穂にとりつき白穂にさせましたが、この虫は、うらみを抱きつつ飢餓道に陥って死んだ人々の生まれ変わりであるというように言われたそうです。
接引寺の石地蔵は、この年の餓死人を供養するため、村の人々が喜捨して建立したものであるそうです。
飢えてあの世にいった人の魂にとって、人々が供えるぼた餅が、何よりも供養になるということでしょう。

この宝暦5年の大飢饉の翌年に、新庄まつりが始まりました。、

なお、この「まかどの地蔵」は、もともとは芭蕉ゆかりの「柳の清水」のところにあったもので、そこが城下町特有のクランク状になっている角であったところから、「まかどの地蔵」と呼ばれているそうです。

瑞雲院十六羅漢像へ