<史跡めぐり>

七所明神・角沢


新庄市を中心に市内に5カ所、鮭川村京塚に1カ所と戸沢村坂以下書と、「七所明神」という神社が祀られています。
この七所明神には、応仁天皇時代の、天皇の第二皇子・大山守命にまつわる伝説があります。
いわゆる、大山守命の遺骸が、この7カ所に奉祀されているという伝説です。
宮内には首(かしら)、升形には胴、鳥越には左手、角沢には右手、本合海には男根、京塚には左足、松坂には右足が奉祀されているということです。

さて、ここは右手が祀られていると言われる角沢七所明神です。
ここ角沢の八幡神社のお宮には、八幡様の外に、七所明神と、観音様も合祀されているとのことです。
ここには、左手奥に見えると思いますが、新庄市指定天然記念物である、大きな杉の老木があります。
花緑物語でも紹介していますが、山形県の天然記念物に指定されている萩野の石動神社の親杉に次ぐ巨木です。


七所明神・鳥越へ