<新庄写真館>

土内渓谷・止まりの滝


土内から、神室山へ登る登山道沿いに、土内渓谷があります。
登り口の赤い吊り橋のところを、吊り橋を渡らずに少し進むと、「銀次郎小屋」(写真)と「はぎだすの小屋」という、個人の方の所有する山小屋があり、この付近の河原は、芋煮会場としても使われます。


アウトドア用の車なら、この先も進んで行って、止めるところがあるのですが、私は乗用車だったので、銀次郎小屋近辺に止めて、歩いて進んでいきました。


ここからさらに左側・道なりに進んで行きます。


止まりの滝の目印が見えました。
ここから、下の方に降りていきます。


ところが、下に降りてもその姿を見ることはできません。
岩と岩の間に挟まれ、その姿が「止まりの滝」と呼ばれる由来ともなっており、対岸の方に渡らなければ見えません。


ここで靴を脱いで、対岸に渡ることにしました。


すると、見えました。
まさに「止まりの滝」と呼ばれるその姿が。しばし、滝の姿をご覧下さい。


次は、この先の「曲がりの滝」に進んで行きます。

土内渓谷・曲がりの滝へ