<とっておき>

桐野夏生氏の「ポリティコン」


週刊文春2007年8月16日23日合併号から、作家「桐野夏生」氏の「ポリティコン」という作品が連載されています。
この作品は、山形県北部の雪深い農村を舞台に描かれているのですが、作中には新庄市にまつわるモチーフもたくさん出てきます。
駅前の「特急食堂」は「急行食堂」にまず間違いないと思いますし、新庄市の農協も出てきます。また、もつラーメンのことも触れてあったり、10月18日号では、「最上魂」という焼酎が出てきますが、清酒「最上川」がモチーフであり、中国人姉妹が営んでいる飲み屋「夜上海(イエシャンハイ)」は「夜来香(イエライシャン)」がモチーフと思われます。
さて、職場の女性とこの舞台はどこだろうと話しになったのですが、金山町の「共生の村すぎさわ」かなどという話もありましたが、私は文中に「キムチ」という言葉が出てきたり、「トーテムポール」という言葉が出てきたりすることから、戸沢村の高麗館の「モモカミアルカディア」がイメージとしてよぎってきました。
さてさて、今後どんな展開になるのか、目が離せません。
そしてなにより、桐野さん、今度は新庄の何を食し、どこで飲んで、どこに泊まり・・・
是非、一度お読みください。
(著作権の関係もあろうかと思い、写真掲載は行っておりません。福井利佐さんの挿絵も是非お楽しみください。)

これまで出てきた、新庄市その他の場所
新庄駅  新庄市農協  図書館  市民会館  「特急食堂」(急行食堂?)
「夜上海(イエシャンハイ)」(夜来香イエライシャン?)  「焼酎 最上魂」(清酒 最上川?)
馬淵町(馬喰町?)  新庄の進学校  トルコ桔梗・ストック(昭和地区?)
マーケット(曙町) クラブ○
トーテムポール(高麗館?)  村道→国道→最上川沿い→酒田方向→三川ジャスコ(戸沢村?)
ビビンバブー(ビビンバ大王?)  鳥海山  庄内平野の風車(立川町)

週間文春2月14日号のポリティコン連載25回目は、昭和32年新庄市民会館で行われた名誉市民表彰記念というモチーフで描かれています。
挿絵がまたすごい!
「新庄市名誉市民記念講演会」としての講演風景を福井利佐氏が描かれています。
著作権の関係もあるので、あまり文章を紹介すわけにもいかないのですが、新庄市の昭和開墾などが、少し参考にされているのでしょうか。
是非お読みください。

週刊文春3月27日号ポリティコン連載31回目は、曙町マーケットが出てきます。
この中に、ハンガリー・チェコ・ロシア・・・・・ソフィアちゃん・・・・世界各国の・・・クラブが出てきます。
新庄の男性諸君!思い当たる場所がありますか?
「新庄は凄いことになっている、と東一は本気で思った」
桐野先生の新庄の探索はまだまだ続きそうですね。

山本周五郎 野分