<とっておき>

甲子園物語


スポーツの中で野球ほど日本人に親しまれているものはないわけですが、
特に高校野球の甲子園出場ということは、その地域を背負って全国にアピールしているといえる、素晴らしい大会です。

西武の松坂投手や元巨人軍の江川投手など、甲子園での活躍は忘れられないものがあります。
その甲子園大会に、新庄北高等学校が2回出場しているという話です。

昭和30年代は新庄の野球が満開の桜のように咲き誇っていました。

昭和29年に始まった第1回県高等学校春季野球大会において、新庄北高は決勝で鶴岡工業を降し優勝しました。
野球の県制覇は始めての快挙でした。
続く第1回東北6県高等学校春季野球大会では、八戸高・秋田商を撃破し、決勝で地元青森一高と対戦しましたが敗れて準優勝に終わりました。

この年、高橋榮一郎(元新庄市長)投手という、後に巨人・南海とプロ野球に進む好投手を擁しており、甲子園大会出場を大いに期待されましたが、県予選で敗退し、涙を飲んでいます。

昭和30年の新庄北高は、県高校野球大会では準決勝で山形商業に敗れて、ベスト4にとどまっています。
しかし、この年の東北大会(山形・宮城・福島)は山形市が開催地でありましたので、地元4校の参加が許され、2次予選に駒を進めることが出来ました。

この東北大会では、福島県の双葉高・山形商業と破り、決勝で名門仙台一高と対戦しました。

試合は息詰まるシーソーゲームの展開で、1点差の6対5、9回2死満塁、カウントツースリーのピンチを迎えます。
そして、小林久人投手の懇親の1球を、相手仙台一高の打者が空振りしてゲームセット。
ついに東北大会を制し、甲子園大会出場の夢を実現しました。

昭和30年(1955)8月10日、新庄北高は甲子園大会で
信越代表の伊那北高(長野県)と初出場同士で対戦します。
両校とも一歩も譲らぬ延長戦に入りますが、11回についに0対1で惜敗しています。

昭和30年に続いて昭和34年(1959)にも、新庄北高は再度甲子園出場を果たしています。

この年、県大会では、準決勝で前年の甲子園出場高山形南高を破り、決勝で山形商業を完封で降して県優勝。

2次予選の西奥羽大会(山形・秋田)に進出しました。相手は秋田代表の金足農業高校。

新庄北高は完勝に近い形で一蹴し、2度目の甲子園出場権を獲得します。

このときの丹信弥投手は県予選5試合を連投し、三振50を奪う力投を見せ、県高野連から大会の最優秀選手賞を受けています。

甲子園大会では、南四国代表の強豪高知商業高校との対戦となりました。
しかしながら、優勝候補の呼び声高い高知商に善戦したものの、0対3で敗れています。

近年では、新庄東高が県大会ベスト4まで進んでいますが、もう一度新庄から甲子園出場を果たしてもらいたいものですね。

元巨人軍投手 高橋榮一郎物語
元新庄市長だった故高橋氏は、上で述べましたように新庄北高野球部時代にドロップを決め球に活躍した快速球ピッチャー。
慶応大学に進んでからも東京6大学の花形として鳴らし、3年次春の早慶戦では延長11回を途中リリーフ、最終回に自らヒットを放って劇的な逆転勝ちを収めています。

卒業後は、社会人の日本ビール(現在のサッポロビール)を経て、昭和36年巨人軍に入団します。
南海(現在のダイエー)に移籍した38年には、11勝を挙げ、夢の球宴・オールスター戦に出場します。

長島茂雄選手(現巨人軍監督)に打たれたホームランが、今も強烈な印象として残るということです。


ベースボール山形の管理人さんからとても詳しく情報をいただきました。
御礼申し上げます。以下にその情報を追記致します。

皆川(興譲館ー南海)がプロ入りした後、山形の高校球界を牛耳っていたのは田沢(鶴岡高 現・鶴岡南)と新庄北の高橋。
29年夏は2人の決戦。
田沢が投げ勝った。
(中略) 高橋は卒業後、慶応に進学する。
新庄市内に大商店を構え、代々市長や県議会議員を務めてきた名家の坊ちゃん。
「プロなんて…」という気持ちだった。
高橋は慶応を卒業するときもプロから誘われた。だが高橋は社会人野球を選ぶ。その後36年、巨人入り。
球は滅法速いが荒れた。巨人で勝ち星をあげることなく38年 南海へ。
南海では「エイちゃん」と呼ばれ、おだやかな人柄を愛された。
高橋のプロ入り初勝利はベンチからの「エイちゃん!」という大合唱に支えられた。鶴岡監督が真っ先に大声をあげて激励した。
38年4月16日 日生球場での対近鉄4回戦。高橋は18安打も打たれた。
打たれても打たれても鶴岡監督は替えるなかった。南海打線は何と23安打も放ち、11−7で勝った。
すさまじい初勝利だった。「勝利投手になって申し訳ないようなへんな気持ち」だけにこの初勝利は忘れられないと言う。

先日、鶴岡一人氏が亡くなられましたね。高橋市長はどんな思いだったの でしょうか。

ベースボール山形管理人さん ありがとうございました。


高橋氏は2007年8月9日にお亡くなりになり、合同葬が9月5日、新庄市民文化会館で営まれ、5期18年にわたり市政を務められた故人に市民ら約1300人が集い別れを告げられました。
新庄剛志選手の黄金バットへ