<とっておき>

冨樫義博先生が描いてくれた
新庄市のイメージキャラクター


かむてん

かむてんとは神室山の天狗です

      

冨樫先生にふれあう新庄市内巡り

先生の書いてくれたこのオリジナルキャラクター「かむてん」は、一体どんなところで目に触れるのでしょうか。

新庄市役所のタウン案内=昔語りの聞こえる道にはお座りかむてんが描かれています。


駅前商店街を歩いていると、小野商会という文具屋さんの壁面には大きくお座りかむてんが描かれています。

また中心商店会では、かむてんカードというポイントカードを発行していますので、そのカードの宣伝の絵が買い物かむてんとしてあちこちに飾られています。
買い物をするとかむてんカードがもらえる訳です。
でも、カードの制作費もかかっていると思いますので、きちんとお話をしましょう。

このカードも様変わりしています

かつて北本町では一番街書店がありました。そこにはお座りかむてんが書かれていました。
本屋さんということで本を読んでいたかむてんでした。
「とんとむがすあったけど」と昔語りの路らしい台詞も書かれていました。
どこにいったのでしょうか。
北本町のコープ(生協)2階にあるランチ店さんもなくなってしまいましたが看板はかむてんでした。
   

また、こちらも閉店してしまいましたが北本町商店街コープ(生協)を中心とした特売日を知らせる幟には、スノボーかむてんがかかれていました。
私が見たところ、スノボーかむてんは、これしか見つけられませんでした。
なくなってしまって残念です。
もっとどこかにスノボーかむてんはないのでしょうか。
          

大町商店街の深田お菓子屋では、お座りかむてんを書いた、かむてん饅頭の看板がでていますし、駅前のお菓子や竹美堂でもかむてんお菓子が売られています。
この辺りは調べるともってあるかも知れませんね。

最上公園の手前の親子広場では、立ちんぼかむてんが昔話の通りを説明しています。
また、歴史センターの入り口では、かむてんが最上公園歴史散歩の案内をしています。

図書館には、先生のインタビュー記事が掲載されているユーゼンという冊子がありました。
この冊子には先生が特大にでかい見開きで載っています。

ゆめりあでは、2000年2月に新庄が全国初の県庁所在地以外の新幹線ターミナルとなったことを記念して、冨樫先生の原画展が開催されました。
図書館に、その時のチラシが保存されていました。

宮内町のかん石材さんの前です。
大きな石にかむてんが。
石とかむてん、なにか似合う気がします。

2002年の緑化フェアにも、かむてんが登場しました。
なにしろ会場の愛称が「かむてん公園」でしたからね。



そしてそしてなにより
冨樫先生のご実家では、冨樫義博の世界で少し書きましたが、なんと武内先生との合作年賀状が展示されているほか、数点のハンターハンターの絵が飾られています。
なによりこのことを書いていいかどうかは、冨樫先生のお母さんにきちんとお話をして書いています。
で、お願いですが、お店をやっているわけですが、ご迷惑にならないように、きちんと挨拶して下さい

ここでは新庄市万場町とだけお知らせしておきます。
駅からそれほど遠いところではありません。

新庄市では、ごみ有料化に際しても、かむてんに大活躍してもらっています。
回収用のゴミ袋もしっかりかむてんが見張っています。

鉄砲町にあるスーパー、郷野目ストア中央店の2階の階段には、同じく新庄出身のロケット兄弟といっしょに応援する看板が掲げられています。

さて、レベルEでは、山形のことがよく載っていますよね。3巻に出てくる「如月高校」の対戦相手、「新日東大山形中央南商工」の名前は、山形の高校の名前を混ぜたものでしょうが、最初の新は間違いなくふるさとを思う冨樫先生のことだから母校新庄北高をトップに持ってきていますね。
湖南女子校(ナンジョ)は、新庄南高校だと思います。新庄南高校は前身は女子校でしたから。新庄南高校は最上公園のすぐ近くです。

小さな町新庄のちょっと紹介でした。
写真は今のものも昔のものも混在しています。
かむてんもいろいろ変わってきています。
かむてん探しをして街中探検をしてみませんか?

   

漫画12の三四郎へ