<とっておき>

土に叫ぶ 松田甚次郎

明治42年(1909)〜昭和18年(1943)

鳥越八幡宮の入り口に立つこの銅像。
これは、昭和の初め、農村改善運動に情熱を燃やし続けた新庄市生まれの農民活動家 松田甚次郎を偲んで建てられたものです。
ご存知でしたか?

松田甚次郎は、明治42年、最上郡稲舟村鳥越(現新庄市)に郡会議員なども務めた大地主の父松田甚五郎と母タカの長男として生まれました。

新庄町立日新尋常高等小学校、県立村山農学校で学んだ後、大正15年(1926)に盛岡高等農林学校(現・岩手大学)に入学し、ここで、まだ無名の宮沢賢治に出会います。

卒業を迎えた昭和2年3月、甚次郎が恩師・賢治に別れを告げに花巻を訪ねると、賢治はこの時、貧しい農民たちのために授業料のいらない学校を開き、自らも農民の一人として生きようとしていました。
そして甚次郎に、賢治は「小作人たれ、農民劇をやれ」と諭します。
甚次郎は賢治のこの言葉を、生涯胸に刻みつけることになります。


郷里・稲舟村鳥越に帰った甚次郎は、猛反対する父から60アールの田んぼを借り、小作農民の生活に入り、村の青年を集め「鳥越倶楽部」を結成、演劇活動も開始しました。
最初に演じたのは、水争いをテーマにした自作劇「水涸れ」。
舞台は村の八幡神社の境内にこしらえた土舞台でした。

これがきっかけとなり、10年後には村共同の転坂(うとざか)堤が築造されることになります。
こうして、村の変わり者だった青年は、一夜にして村の変革者となりました。
(甚次郎はこの後も10年間に36回もの演劇を上映しました。)


昭和初期、度重なる凶作により疲弊しきっていた農村のため、甚次郎は母子保健厚生のための母の会を結成したり、麹づくりや味噌、醤油などの農産加工を手がけたり、自給自足を勧め村の窮乏を救おうとしました。
自転車を改造して綿羊から毛を刈りホームスパンをつくる紡毛機も発明しています。
自給できないものは、共同購入で安く手に入れようと消費組合を組織しました。

昭和7年には、共に働く我らの最上の理想の学校にしようと名付けた「最上共働村塾」を開き、全国から志のある青年を集めました。

賢治の思想に感動し愚直に実践した甚治郎は、昭和13年、亡き賢治への報告書として、これまでの体験をまとめた「土に叫ぶ」を執筆すると、本はたちまちベストセラーとなり、新国劇でも上演されるなど全国的な反響を呼びました。
続いて出版した「宮沢賢治名作選」も多くの人に読まれ、賢治を全国に知らしめることになり、甚次郎は一躍時の人となり、多忙な日々を送りまます。

昭和18年の夏は、最上地方は日照りが続いたため、村人と雨乞い祈願に八森山へ登った甚次郎は、連日の疲労で病に倒れ、早すぎる死を迎えてしまいました。

享年34歳、。
「冬寒く雪降る奥羽の山里に道を求めてここに18年」
が辞世の歌となりました。
(銅像の下の碑文をご覧下さい。)

現在、鳥越八幡宮の入り口、左手側に、銅像と記念碑が建立されています。
左の記念碑(碑文 義民松田甚次郎先生碑)については、7周忌のとき、昭和24年8月4日に建立されました。
銅像は、ちょっと調べてみます。

ススキ前線へ