<とっておき>

「新庄ばやし」誕生物語

新庄まつりのお囃子のメロディにのせ「♪昔しゃ戸沢の八万石の〜」でおなじみの「新庄ばやし」の由来をご存じですか?

きっかけは、昭和24年、当時真室川町に住んでいた斎藤久さんが、新庄まつりの囃子をベースにした歌を作曲したので聞いて欲しいと、南本町の音楽ショップ「蜂屋」さんに持ち込んだことでした。
翌年の昭和25年、地元の新民謡としてレコード化に踏み切ろうと日本コロムビアへ譜面を送りましたが、「このままではレコード化はできない」という返事とともに返送されてしまいます。

しかしながら、根気強くコロムビアと交渉したところ、作詞:結城ふじを、編曲:堀場正雄で会社に制作を一任し、ついにレコード化が決定します。

昭和27年11月、米沢出身の新国英夫と、デビュー間もない新人歌手・島倉千代子の両名により、レコーディングが行われます。
翌月には、全国発売を前に、花月流宗家・花月兼久氏による踊りの振り付けが完成します。

こうして、昭和28年、蜂屋のオリジナル商品として、ついに全国一斉発売となったのです。

人生、いろいろ。
いろいろな人と関わり、いろいろな出来事を経て完成したこの「新庄ばやし」
新人歌手だった島倉千代子さんも、いろいろな人生を歩み超一流のベテラン歌手となりました。
今の島倉千代子さんに、もう一度歌って・踊ってもらいたいですね。

(蜂屋レコード店さんは、2007年、惜しまれて閉店されました。)



昔しゃ戸沢の八万石よ
今じゃ最上の米どころ
新庄ばやしで祭りもたけて
おばこ盛りの 花も咲く花も咲く

金のわらじで沈名を踏んで
越えた人ある猿羽根山
新庄ばやしでほろ酔い機嫌
三味が気になる 万場町万場町

なにを掛けたか天満様に
無言詣りの二人づれ
新庄ばやしにゃ情けもからむ
最上月夜の お堀端お堀端

誰に見しょとて 紅花模様
いきなはっぴの山車すがた
新庄ばやしは打ち上げ花火
燃えてぱちぱち 恋ごころ恋ごころ

漫画家冨樫義博先生と「かむてん」へ