<天気のことわざ>

人体に関することわざ


・体がだるくなったりすると、天気が変わる。
・頭が痛いとき、天気が悪くなる。
・頭が痛くなると、雨が降る(近い)
・女の人の頭痛があれば、翌日は雨。
・頭がなんとなく重苦しいようなとき、雨になる。(頭が重いとき、雨になりやすい。)
・頭がぼうっとしてすっきりしない日は、天気がくずれやすい。


・古い打ち身や骨折した所がうずいたときは、明日から天気が悪くなる。
・古傷(けがをした傷)が痛み出すと、雨が降る。
・手術後、その場所が痛むと、雨。
・腰が痛くなると、明日、雨になる。
・雨の日には、腰や頭が痛くなる。
・病気の人が、腰や足が痛いといったり頭が痛いといったりすると、天気が下り坂になる。
・体の節々が痛いというと、天気が悪くなる。
・関節が痛くなると、雨が降る。
・関節が痛み出すと、雨が降りやすい。
・リュウマチの人が痛くなるときは、雨。
・神経痛が痛くなると天気がくずれる。
・神経痛が痛むと、冷え込む。
・天気の変わり目には、神経痛が痛む。
・肩が痛くなると、天気が悪くなる。
・朝、体がズキズキすると、雨になる。


・朝、機嫌が悪いと、雨になる。
・ミズムシがかゆいと、雨になる。
・ゼンソクの人がせき込むと、翌日、雨になる。
・シモヤケがかゆくなると、天気が変わる。
・アカギレが痛むと、天気が荒れる。
・足の裏がかゆいと、雨が降る。
・足の指がかゆいときは、雨が近い。

観天望的なことわざ
(夕日・風・虹・霧・月・星・山などに感じてみようへ