<天気のことわざ>

観天望的なことわざ


・夕日がきれいだと、晴れ、夕焼けがきれいでないと、雨になる。
・黒ずむ夕焼けのときは、天気が荒れる。
・夕日が赤いときは、明日、晴れ。
・夕焼けの次の日は、晴れ。
・夕焼けに鎌(かま)を研げ。(明日は、いい天気になる)


・朝焼けの日は、天気がくずれる。
・朝焼けはその日の洪水。
・東焼け(朝焼け)は、その日に雨。西焼け(夕焼け)は、明日は晴れ。
・朝てっかり、むこなかせ。
・朝てっかり、昼めっこ。(朝、あまりテカテカ照ると、昼になると天気が悪くなる)
・朝日がキラキラして、西の空が暗いときは、傘を持て。山に行っても、川は超えるな、大雨の恐れがある。


・西の空が暗くなると、雨が降る。
・西の空が曇ると、雨が降りやすい。
・西の空が曇って景色が見えないときは、天気がくずれる。
・北の空が晴れると良い天気になる、北の空が曇ってくると風が強くなる。
・春は、南が晴れると天気が良い。秋は、北が晴れると良い。
・東曇れば風、西曇れば雨。
・夏、東の空に雲が出て、山の頂から八合目が見えない雲の続いたときは、寒い天気が続く。


・東風が吹くときは、天気がくずれる。
・だし風が吹くと天気が変わり、その風が止むと、雨が降る。
だし風(東風)が吹くと、雨になる。だし風が止むと、雨が降る。)
・逆風(東風)が吹くと、雨になる。
・風が東から吹いてくると、明日は雨が降る。
・南風が吹くと、雨が降る。
・夏の南風は、晴れ。
・北風が吹くと、天気が下り坂になる、雨が強く降る。
・西風が吹くと、次の日天気が良い。
・西風が吹くと晴れ、東風だと雨になり、北風が吹くと吹雪になりやすい。
・朝、なまぬるい風が吹くと、雨が降る。


・雷雨が来るすぐ前には、冷たい風が吹く。
・朝の虹は、雨の知らせ。朝虹が現れると、一日中、雨が降ったり止んだりする。
・朝虹、川越するな。(朝虹が出ると、大雨になる)
・朝虹が出ると、雨。夕虹が出ると、晴れ。


・霧の深い夜の次の日は、晴れになる。
・朝霧が深いと、晴れになる。
・太陽にかさがかかると次の日は雨。月にかさがかかると晴天。
・月にかさがかかると、雨になる。
・月がかさをかぶると、天気がくずれる。
・太陽や月にかさがかかると、雨が降る。
・月の光が薄いと、明日は雨。
・月に雲がかかると、雨が降る。
・星の多い次ぎの日は、晴れ。
・星がたくさん出ると、明日は晴れる。
気温が下がり、星空の翌日は晴れる。
・星が空に見えないと、雨になりやすい。


・杢蔵山に雲がかかると、雨になる。
・杢蔵山に午前中雲がかかっていると、午後から雨になる。
・杢蔵山に3回雪が降ると、平地にも雪が降る。
・鳥海山がはっきり見えるときは、新庄は晴天である。
・鳥海山が見えないときは、雨か雪。
・鳥海山の山頂に雲がかかると、天気がくずれる。
・朝起きて、月山の頂上が見えた日は、天気が良い。
・高い山に雲がかかると、次の日は雨となる。
・秋、北方に雲が厚くでるような年は、天気が悪くなる。
・西の山が見えれば、晴れとなる。
・西の方の山が見えなくなると、雨。
・いつもの山が近くに見える感じがするとき、天気が悪くなる。
・(遠くの)山が近くに見えると、雨が降る。


・雪の朝、はだか子の洗濯。(晴れる)
・空がなんとなく光るときは、大風になる。
・雷が東で鳴り終われば、雨は降らない。
・冬に雷が鳴ると、近々大雪になる。

雲に関することわざ
(雲は語る)へ