義経伝説・子安観音


さて、奥の院から最上町方面に降りていきましょう。
途中、看板が出てきました。子安観音の案内です。


さあ、いよいよ終点にやってきました。
とととと!、JR陸羽東線の線路が見えてきました。
「線路に入ってはいけません」という注意書きがありましたが、実際に電車が走るトンネルなんでしょう。
運行本数は少ないものの、注意してすばやく通り過ぎてほしいですね。



線路の反対側に出てきました。
ここから左手の方に歩いていくと、子安観音があります。
この近辺には、2〜3台分の駐車場もあるので、ここから奥の院に登るのもいいですね。


亀割子安観音です。
北の方がお産をした際に加護のあった観音様を祀っています。
子授かりの安産の神として信仰されています。

山神社へ