<義経伝説>

義経伝説・弁慶清水


休場から登る亀割峠登山口のちょっと手前に清水がわき出ているところがあり、地元では「弁慶清水」と言い伝えられている、ということを区長さんからお聞きしました。
言い伝えでは、弁慶がここでこの清水を飲み、力をつけて亀割峠を越えていった、ということです。
この清水、日照りの年でも枯れることがない、ということです。

2005年の大河ドラマが「義経」だったことから、テレビ局も取材に訪れました。。
登山口の少し手前、右側に見えます。
注意して見て下さい。
ただ、水質検査などは行われていないということですから、その点はご留意下さい。
私が行ったときには、地元の人が竹筒で上手に工夫されていました。

亀割峠へ