<義経伝説>

義経伝説・八向楯

八向楯は最上川右岸の八向山山頂に築かれた中世の城(楯)です。最上川の方に突き出た尾根筋を二重・三重に断ち切って、本丸・二の丸・三の丸の郭を区画し、それぞれの境に薬研(やげん)掘りの二重の深い空濠(からぼり)を設けています。

本丸の南側は最上川に面した高い断崖で、この脚下を洗う激流によって、かなり浸食されています。

各郭の東西の両側は深い谷に囲まれている堅固な楯です。

矢向神社(矢向大明神)へ