<義経伝説>

新庄・最上 義経伝説


平安時代末期、平氏追討に大功のあった義経は、
兄頼朝と対立し、追われの身となります
源義経は、蔵坊弁慶などのわずかな家来を従えて、北陸路を北に進み、
鶴岡から清川に出て、舟で最上川をさかのぼり本合海に至り、
ここから亀割峠を越して小国郷入り、境田を経て、
陸奥国平泉に逃れたといわれています。
最上郡内においては、金山町・真室川町あたりにも
義経伝説が語り継がれていますが、
最上・小国両川沿いの地域に、とくに色濃く分布しているようです。
ここでは、私が義経伝説のあるスポットを廻って集めた写真とともに紹介します。

戸沢村・幻想の森(たけくらべの杉)へ