デジタルカメラ入門


必要な画素数は? 数年前までは,L〜はがきサイズにプリントする場合は200万画素。A4サイズにプリントする場合でも400〜500万画素あれば十分と言われていました
デジタル技術の日進月歩で,現在市販されているのは,1万円以下のコンパクト機でも1000万画素以上あります。「大は小を兼ねる」ですから画素数は多いにこしたことはありません
しかし,写真は色を忠実に再現することが最も大切なので,必ずしも高画素数=よいデジカメとは限りません
デジカメにも個性がある デジタルの急速な普及に押され,現在は,ほとんど使われなくなったアナログフイルムは,商品によって色の再現性やきめ細かさなど「写り」に違いがあり,これがメーカーや商品の特徴であり個性でした
デジタルカメラにも個性があります。同じ画素数でも,メーカーや型式が違うと色の再現性が異なります。自分の好みの色かどうかは使ってみないとわかりません
ただし,使い始めは自分の好みの写りではないとしても,デジタルの場合は彩度やコントラストなどの設定を調整できるので,使い込んでいくうちに自分の好みの写りに近づけることができます
ホワイトバランスは重要 「色を見た感じのままに写す」ことは意外とむずかしいのです。見たままに写すには,撮影条件によってカメラの設定を変えなければならないことがあります
この設定で重要なのがホワイトバランス(WB)です。WBの調整機能はほとんどのカメラにあります。初期設定ではオート(自動)になっています。オートでも問題なく撮れますが,これを光の状態(晴天,曇天etc)に合わせて変えることによって色の再現性は一層よくなります
デジカメこれでいいの 数年以上前に富士フイルムのF100FDを購入しました。1200画素で5倍ズームのコンパクト機です。カメラ本体は薄くバッティーの“もち”はよいのですが,使ってがっかりしたのは,絞り優先やシャッター優先プログラムがなかったことです
これらの機能は,ただ写すだけなら必要ありません。でも,作品づくりとして写すためには不可欠な機能です。これまで使ってきたカメラにはコンパクト機でもこれらのプログラム機能はあったので「ない」ことに驚きました
写真を楽しむのであれば,絞り優先やシャッター優先プログラムは必須な機能です。手ぶれ防止や顔認識といった「失敗を防止する機能」が標準搭載されるのはよいことですが,カメラとしての基本的機能=「写す楽しみ」がなくなっていくのは寂しい感じがします
コンパクトと一眼の違い 画素数は,コンパクト機でも1000万画素以上が当たり前になりました。でも一眼レフとの差は歴然です。それはCCDの性能(大きさ)の違いです。CCDは光を電気信号に変える“電子の目”。CCDが大きいことは光を受けとめる能力が高いということ。パソコンに取り込み大きな画面で見比べるとコンパクト機と一眼でとった写真の差は歴然としています
スナップ写真主体で,光の明暗や細部の描写にこだわらないならコンパクト機。作品として撮るなら(ミラーレスも含め)一眼です

▲トップページに戻る▲