バックカントリースキー 

  
                           2002.4.28


 鳥海ブルーラインも開通し、天候も申し分のない4月28日にさっそく大平口から登ってみた。大平の駐車スペース付近の雪の壁は例年のように4mちかい高さの所もある。ステップを刻んでいる壁を両手でよじ登って取り付き、テレマークスキーにすべり止めのシールを貼って斜面を登る。
 雪のシーズンは目標さえはっきりしていればブッシュも無く、何処をどの様に登ろうと勝手気ままなのが実に楽しい。眼下には青々とした日本海が広がり、雪の回廊と大平の駐車場や止まっている自分の車などもはるか遠くに見え、帰りのスキー滑降の快適さを思いながら ”我慢して” もくもくと一歩一歩斜面を登る。 


連休のブルーライン 雪の壁と登山者
 雪の回廊と大平口の斜面 雪の壁に取り付き登山開始
急斜面を登る 眼下の日本海
反射板まで最初の苦しい登りが続く 足元に大平口と日本海が広がる


 反射板までの最初の斜面を登りきれば、あとはなだらかな雪の斜面が稜線まで続いている。途中の鉾立口からの合流地点ではかなりの人数の集団とはち合わせ。まるで鳥海山の銀座通りという雰囲気だ。天候もこんなに良いので当然というべきか。後で聞いたのだが、「ポラーノ広場」の店主も同じ頃に鉾立口から御浜付近まで散策していたそうだ。 それぞれどちらも単独行が好きなので「山に行こう」とかお互いに声をかけないで登っていたので、会うこともなかったが…


連休でにぎわう登山者 笙ヶ岳への登り
鉾立から上がってきた登山者 行き先を御浜から笙ヶ岳に変更
遠くに見える山頂 笙ヶ岳からの山頂
遠くに山頂を見ながら登る 笙ヶ岳よりの外輪山頂方面


 今年は雪が少ないために稜線上にも雪が無く、スキーヤーの多くは御浜に向かうよりも、笙ヶ岳の斜面に魅力を感じたようだ。笙ヶ岳は1,635mあり山頂直下はかなり良い斜面が広がっている。 ということは、登りもそれだけ苦労することになりますが。 笙ヶ岳からの万助側はせっぴもせり出しているようで、こわくて近寄れない。昼食をとったらいよいよ帰りの大滑降が待っている。苦労して登ったんだから大事に滑ろうか。


笙ヶ岳よりのスキー滑降 山頂よりの標識
笙ヶ岳直下の斜面 ガスった時の赤い標識




四季 自然 話題 LINK 掲示板