バックカントリースキー

鳥海山 三ノ俣春スキー

鳥海山の自然を守る会 3月自然観察会
              2003.3.16

 鳥海山の自然を守る会の3月例会は三ノ俣から鈴木小屋。雪の降り始めや春先に酒田市内から遊佐町方面を見ると”ギザギザ模様”の雪形が麓近くにくっきりと見えますが、あれが三ノ俣コース。以前にスキー場開発しようとしてブナ林を伐採した跡なんです。 

曇りがちの天候にもかかわらず集まったのは30数名。雪がある時期の方が入山者が多いようで、春スキーや春山の散策などがほとんどです。遊佐町金俣地区の農林漁業体験実習館「さんゆう」脇のスキー場より歩き出し伐採跡を鈴木小屋に向かう。

さんゆう脇のスキー場を出発 伐採跡をスキーとワカンで

いかにもスキー場を作ろうとして「人為的に切り開いた」としか見えない林の中を歩く。今日はかんじきのグループとスキーにシールを貼ったグループの混成だ。途中、ブナの枝を手に、「ここまで伸びるのに5年はかかる」など木々の生長過程を調べたり、小動物の可愛い足跡の観察などを行いながら2時間ほど歩き、ようやく鈴木小屋に到着。

いかにもスキー場の様だ 鈴木小屋は1階が雪の下

小屋は2階部分まで雪に覆われており、守る会のスタッフの方が前日に1階の窓と入り口のドアを事前に掘り出しておいてくれたとのこと。おかげで小屋の中でゆっくりと2鍋分のトン汁を作り美味しく食べることが出来た。 小屋には先客として、1年の半分以上は鳥海に入っているという「青森のTさん」もいて、大いに山談義で盛り上がっていました。食後は更に上部の米沢頭まで登り、スキーにて下山となりました。

小屋で豚汁 青森のTさんも居ます! 米沢頭付近よりの眺め
さんゆうの水くみは有名です

春の三ノ俣は気軽に登れる春スキーのコースとしては良いが、ただ傾斜が緩く、標高が低く雪解けが早いために木々の枝が邪魔になって来るようだ。スキー場開発のために貴重なブナ林を切り開いてしまったものの、やはり無理のある開発行為だったのだろう。酒田から見えるあの山麓の雪形(キズ)は、頓挫した開発行為の象徴として長く目にすることだろう。



四季 自然 話題 LINK 掲示板