バックカントリースキー

鳥海山 大平から山頂へ
              2006.5.4


 この連休は比較的好天に恵まれ、今年も鳥海ブルーラインからの山岳スキーを楽しむ人たちが全国から大勢訪れた。雪も例年より多く大平登山口付近の二ヵ所の駐車帯はゲートが開くと同時に一杯になったようだ。
連休中の鳥海ブルーラインは雪の壁よりとけ出した所が夜間に凍結する恐れもあり夕方5時から翌朝8時までゲートが閉鎖となる。そのために遠方から訪れる人たちも駒止のゲート前で待たされることになりゲートが開く頃には毎朝数十台の車が列を作っている状況だ。4日も大平口の駐車確保のため早めに出たのだが7時過ぎには既に10数台のほとんど県外ナンバーの車が並んでいた。

日本海を背に登る 御浜はもう少しだ

笙ヶ岳の遠くには月山 御浜から山頂を見る

 大平の急斜面も喘ぎながらも何とか登りきり、ようやく緩い斜面にたどり着く。ここからは御浜までは大斜面を一直線に上がる。帰りの大滑降を思い浮かべつつ我慢して黙々と御浜を目指す。時折振り返る日本海はどこまでも青く空にとけ込んでいるようだ。
笙ヶ岳の後ろには遠く月山も青空に浮かんでいた。御浜が近づくと山頂方面もようやく視界に入ってくる。雲一つない晴天の下、御浜に到着したのは11時過ぎ。ここ数年いつも御浜でビールと昼食で時間をつぶし3時前後に帰って来るのが定番だった。でも今年はあまりの好天と体調も良さそうだし、ましてや周りの人たちもほとんど上を目指していく雰囲気の中を何年かぶりに山頂を目指すことにした。

扇子森付近からの山頂 七五三掛入り口

いよいよ千蛇谷へ 千蛇谷の大雪渓

 雪の時期にスキーを履いて御浜から山頂を目指すのは久しぶりだったので何となく新鮮な感じで歩けた。扇子森(1757m)のアップダウンも雪のない頃の景色を思い浮かべながら何とか終え、いよいよ外輪山が目前に迫ってきた。千蛇谷に入るために通らなければならない七五三掛のトラバースはスキーを外して歩く。この斜面から落ちたらどこまで滑り落ちてしまうかわからず慎重に通過する。この難所を通り過ぎたらいよいよ千蛇谷に入る。この大雪渓は本当にすごいスケールだ!後はひたすら山頂直下まで緩やかな登りが続く。

雪に埋もれる山頂小屋 七高山より矢島方面

 山頂に到着後、矢島方面の様子を見たいと思い七高山(2230m)に向かう。外輪へ取りつく斜面は凍結し風もかなり強かったがようやく七高山に立つ。矢島方面の大斜面にもかなりの人数のスキーヤーが見えた。矢島側は斜面が広い分だけスキーで下りる際にどの雪渓を選ぶかを慎重に考える必要がある。最近では春の遭難はほとんど矢島口で発生している現状だ。時間もかなり経過してしまい急ぎスキーのシールを外し降りる準備をする。

新山直下から滑降 七高山より外輪山

 山頂で見かけた人たちは山スキーとテレマークスキーが同じくらいの人数で後はボーダーと登山者。テレマークも見た目は山スキーと変わらぬカービングがほとんどで、滑る時に踵を固定してるかどうかでようやく見分けが出来る程度。「確かにあれは快適に滑れそうだ…」と思いつつも最近見直されてきた「細板・革靴」のテレマーク本来の格好で山頂から滑って来た。
御浜から上の千蛇谷辺りの雪質はやや堅めだったが、下の方は気温の上昇から柔らかくなっていた。あまり時間をかけるとゲート閉鎖の5時に間に合わなくなると思い少々焦りながらも何とか大斜面をコケまくりながら降りることが出来た。

 久しぶりに山頂まで行ったが当初は御浜までと思っていたので、正直かなり疲れ切ってしまった。単独行だからこそ自分の判断で行けるところまでという自由もあるが、それでも帰りはほとんど山に人影が無くなってしまい、また時間も遅くなったりと少々判断が甘かったと反省する。それでも何とか帰りのゲートの通過が閉鎖数十分前という時間で帰れたのでホッとしました。
もうしばらくはスキーも履く気力も無いし山歩きも花の咲く頃まで少しだけ休憩とします。


四季 自然 話題 LINK 掲示板