山の話題あれこれ


 鳥海山の写真集・出版物のご紹介



 斎藤政広さんの『鳥海山花図鑑
   本の大きさはB6版。これなら山歩きの途中でもすぐに調べられます。
  また、1ページに1種づつで、花の形態や色、特徴などもあり、また分布などもわかり
  絶対に鳥海山を歩く時には必携の花図鑑です!

  斎藤政広さんは、鳥海山登山地図のバイブルとして長年、”池昭マップ”と呼ばれ
  親しまれてきた昭文社の山と高原地図の2003年版から、調査執筆が池田昭二氏から
  引き継がれるなど多方面にわたり活躍中。
       万を持しての発刊ですね!               2010.09.23


 高山文夫さんの写真展「鳥海山の四季」は大勢の方々の入場をいただき15日に終えました。
なんと期間中の1週間に1,000人近い入場者があったそうです。酒田市美術館の関係者も「市民ギャラリー」への入場者の多さには驚いていたとか。
遠くは青森や新潟、宮城などから来られた方もいたそうで、また複数回入場された方など、あらためて鳥海山の魅力を存分に表現した高山さんの山や花の写真には本当に魅入ってしまいました。

高山さんの写真集は、酒田市中町「カメラのトラヤ酒田店」さんでもお求めになれます。
また直接E-mailで申し込んでも良いそうです。高山さんのブログは「髭爺ちゃんログ
今度は山形市で写真展が開催されるそうですから、ますます山の季節を前に鳥海山の魅力が発信されますね!   2010.04.15


鳥海山と言えば池昭さん!  この度、池田昭二さんが本を出版されました。

   『忘れがたい山』 (有)無明舎出版  46判・221頁 定価1575円(税込み)
                           一般書店にて購入出来ます。
     
     無明舎さんは秋田で興味深い本を多数出版しています。
     本の目次詳細などは(有)無明舎出版さんのページへ!      
     地元紙(2009.3.7)に掲載された本の紹介記事              
     「陸奥新報」の書評欄に掲載された記事(2009.3.13)            2009.3.18

  11月23日(月)に池田昭二著『忘れがたい山』出版記念祝賀会が開催されました
  100名もの方々が集まり、会場には山の諸先輩の方々や懐かしい顔がいっぱいでした。
  山の仲間は本当に楽しい人たちばかりです!
                                                 2009.11.27

      池田昭二さん(鳥海山の自然を守る会会長)が逝去されました

 長く「池昭さん」の愛称で呼ばれ、山を愛する多くの人たちに慕われてきた池昭さんが8月2日に亡くなられました。6日に酒田市内で行われた葬儀には広い会場に更にイスを足すほど多くの山の関係者や、また中学・高校の教え子の方々などが参列しました。
弔辞で学校時代のエピソードや山でのいろんな思い出などを語られるたびに、多くの参列者の悲しみとまたあらためて山と自然を愛する池昭さんの想いを強く感じさせてくれました。

秋頃にはあらためて池昭さんを偲ぶ会の計画もあるとの事。その時にはまた多くの皆さんが集まり「鳥海山の唄」を大合唱しておくりたいものです。
  ご冥福を心よりお祈り申し上げます      2011.8.6

    「自然を守る会ニュース」平成23年9月号の記事
  「池田昭二先生を偲ぶ会」が開催されました。 2012年6月23日(土) 於・酒田産業会館 

 会場には遠くは福岡からの参加者など125名もの多くの方々が駆けつけました。
第一部の「偲ぶお話を聞く会」では山の諸団体の方々より池昭さんについてのお話や楽しいエピソードが語られ、懐かしさのあまり涙ぐんだり、また例の「ホラ話し」に笑ったりと、楽しい時間を過ごせました。 第2部の「池昭を語り合う会」ではようやく?お酒も入ったせいか、あちらこちらで懐かしい顔を見つけては楽しく歓談する輪ができていました。
偲ぶ会に参加して池昭さんのいろんな活動で残された多くの記録や研究・技術・出版などの偉大さとともに、あの「多くの伝説を生んできた」先生の人柄が多くの山仲間や教え子の方々からいつまでも慕われていることをあらためて思った。
 
      池田昭二先生を偲ぶ会で配布された記念パンフです
 作成された齋藤豊先生より承諾を得てここに掲載します(PDFファイル 1.2MB)
                                               2012.7.1



四季 スキー 自然 LINK 掲示板