いろいろな行事や情報のご案内


2014.4月より
TOPページからの部分リンク専用ページ
日程、内容、主催などは随時書き替えを行っています。
行事のご案内、参考用(2002年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2003年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2004年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2005年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2006年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2007年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2008年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2009年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2010年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2011年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2012年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2013年分)はこちらへ


日 程   いろいろな行事や情報の内容
主催及び問い合わせ先
10.3〜4 国際ドキュメンタリー映画祭 2015 プレ・イベント3 9
 『やまがたの山語り 山の恵みの映画たち』
 
山形国際ドキュメンタリー映画祭の事務局長 高橋卓也氏よりメールをいただきました。

 山に関しての映画が計12本上映されるとのことです。会場は山形市内の「フォーラム山形」です。日頃より特徴的な映画が多く上映され、また監督や出演者などの舞台挨拶などもあり、個人的には何度も見に行ってるお気に入りの映画館です。
 ぜひともこの機会に見たい映画やゲストトークなどを聴きに足をのばしてみませんか?
詳細などは文面内のリンクにてご覧下さい。   2014.8.29

    下記にご紹介いたします。(一部加工)
 
初めてメールを差し上げます。
山形国際ドキュメンタリー映画祭の事務局長をしております高橋卓也と申ます。私ども山形国際ドキュメンタリー映画祭は、来る10月3日(金)〜5(日)の3日間、山を巡る特集上映「山の恵みの映画たち」を開催いたします。

この特集は、いわゆる「山岳映画」のみを集めたものではありません。人にとって山とはいったい何だろう?山の恵みとは何だろう?個性的で多様な映画作品、そして魅力あふれるゲストの皆さんの語りに触れる中で、あらためて、感じ、考えてみたい。そんなきわめて素朴な問いと思いから、出発した企画です。いま、沢山の方々の協力を得て、この企画を世に送り出したいと思います。

10月3日(金)、4日(土)、5日(日)の3日間、様々な「山」の表情を見に来てください。そこには、私たち人間の姿がきっと鮮やかに映っているはずです。山形は、山の国、そして映画の国です。ご参加ください、お待ちしております。また、周囲の方にお広めいたければ幸いです。
【上映&ゲストトーク スケジュール】
*今回、皆さんのお手元で、チラシをダウンロード出きるようにしました。ぜひ、お試しください。また、周囲の方々にお知らせくださいませ。どうぞ、よろしくお願いいたします。
http://www.yamagatari.net/
*チラシのダウンロードも可能です。

 ●10月3日[金] 
13:00(−14:49)
   『ブッダ・マウンテン』監督:リー・ユー/中国/2010/109分

15:30(−17:49)
   『劒岳 点の記』監督:木村大作/2009/139分

18:20(−19:00)
   『映画『春を背負って』〜そこには何があったか〜』監督:大澤嘉工/2014/40分
  ■上映後ゲストトーク:木村大作監督(『劒岳 点の記』、『春を背負って』)、大澤嘉工監督(『劒岳 撮影の記』等)、石寺健一氏(映画録音技師、東北芸術工科大学非常勤講師)


 ●10月4日[土]
14:00(−15:43)
   『マタギ』監督:後藤俊夫/1982/103分

16:15(−18:42)
   『越後奥三面表 〜山に生かされた日々〜』監督:姫田忠義/1984/145分
  ■上映後ゲストトーク:田口洋美氏(狩猟文化研究者、東北芸術工科大学芸術学部教授)

20:00(−22:05)
   『瀬降り物語』監督:中島貞夫/1985/125分


 ●10月5日[日]*昼頃、会場入り口で、つや姫おにぎりのお振舞いあり!
13:00(−15:05)
   『森聞き』監督:柴田昌平/2011/125分
  ■上映後ゲストトーク:柴田昌平監督、松井愛氏(NPOぷらっとほーむ共同代表)

16:15(−18:10)
   『修験 羽黒山秋の峰』監督:北村皆雄/2005/115分
  ■上映後ゲストトーク:北村皆雄監督、星野文紘氏(羽黒山伏最高聖者、松聖山伏名 星野尚文)

19:30 (―21:13) 
   『月山』 監督:村野鐵太郎/1979/103分


《関連上映》フォーラム山形さんでロードショー公開(1日2回)
 『ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂』(9月27日−10月3日)

 『祖谷物語 おくのひと』(10月4日−10月10日)
  *10/4日 上映10:00― 蔦哲一郎監督トーク 12:50〜13:30

 『アンナプルナ南壁 7,400mの男たち』(10月11日−)

※「山の恵みの映画たち」チケットはご利用いただけません。この三作品は、劇場の通常料金となります。

[会場]
フォーラム山形(山形市民会館南隣)

[料金]フォーラム山形、映画祭事務局、プレイガイドで8月中旬より発売。
前売1回券1,000円、3回券2,400円
共同購入券(9回券、分割・複数人で使用可能)5,400円
*共同購入券(チケット9枚綴で5,400円)がとてもお得です。
1作品600円単価になります。ぜひ、お友達や家族やサークルで共同購入して、バラしてお使いください。

[主催]
「山の恵みの映画たち」上映実行委員会
(主幹:認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭)

[協力]
山形市、東北芸術工科大学、株式会社ヤマコー、mont-bell、ぷらっとほーむ、山形県食糧株式会社、やまがた食育ネットワーク

[問い合わせ]
phone: 023-666-4480(映画祭事務局)
http://www.yidff.jp/news/14/140801.html

事務局長 高橋卓也



9月20日〜21日 月山クリーン&月山を外来植物から守ろう パート3 月山ビジターセンター 8

月山クリーン&月山を外来植物から守ろう パート3

実施日  9月20日(土)〜21日(日) 1泊2日(3食付)
集合場所  月山ビジターセンター
集合時間  午前7時30分
内容 月山をクリーンにしながら山頂まで。山頂付近では外来直物(セイヨウタンポポやオオバコ等)の駆除作業を行い月山の山頂小屋に宿泊。夜は天然のプラネタリウムの無料?鑑賞会。また毎日繰り返される陽の昇り沈みは圧巻です。翌日は、姥沢までクリーントレッキング後温泉でゆっくり汗を流して帰ります。
指導  環境省 羽黒自然保護官事務所
ガイド  月山ビジターセンターパークボランティア
持ち物 登山に適した格好、レインウェア・昼食(20日分)・飲料水・携帯食・着替え類(宿泊用・下山用)・軍手(作業用)
 ※その他必要な道具は主催者で準備します。
参加料  8,000円 (山小屋宿泊代・リフト代・食事代・入浴代・保険料等含む)
定員  20名程度
申込期限  2014年9月18日(木)
但し、定員になり次第締め切りとなります。
その他 悪天候の場合は中止となります。実施の有無の確認は前日の17時から18時にお問い合わせをお願いします。
各自の車両は月山ビジターセンターに置いて、マイクロバスで8合目に上がります。翌日バスは志津口の姥沢まで回り羽黒まで戻ります。
  月山ビジターセンター
       TEL:0235-62-4321
       FAX:    62-4321
   詳細は下記のページを参照のこと。
 
 鶴岡市羽黒庁舎 産業課 観光商工室のイベント案内



6月 7日(土) みんな集まれ! 「空の王者 イヌワシがやってくるぞ!」 港南コミセン 7

 森の王者クマタカと空の王者イヌワシは共に環境省の刊行する『レッドリスト・レッドデータブック(RDB)』で絶滅危惧TB類(EN)に掲載されている「近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの」とされています。

国内での生息数も環境省や日本イヌワシ研究会などの調査ではおよそ150−200ペアで個体数では400−500羽ともいわれている「希少野生動植物種」です。
朝日連峰の麓で1974年から鷹匠としてイヌワシと共に大自然のなかで伝統を受け継いできた松原英俊さんの講演があります。羽を拡げたら2mにも及ぶイヌワシも来るそうですから行ってみませんか?

   「空の王者 イヌワシがやってくるぞ!」の案内チラシ
日 時   6月7日(土)  9時30分〜11時30分
場 所   港南コミュニティ防災センター (市営体育館隣)  
内 容 イヌワシや、自然のことについて、おもしろくてためになる学習をします。鷹匠の飼育している本物のイヌワシも登場する予定です。 
講 師 高橋  誠氏(イヌワシ倶楽部)
松原英俊氏(鷹匠)
参加費 無料
持ち物 筆記用具
連絡先 港南コミュニティ防災センター TEL 0234−22−4473
共 催 港南コミュニティ振興会  亀ヶ崎コミュニティ振興会
後 援 酒田市教育委員会  教育ボランティア飽海支部
         学区の児童を対象にしたイベントですが大人の方も
        自由に参加が可能です。

   各種参考リンク
 鷹匠 松原英俊 公式Webサイト
 日本イヌワシ研究会オフィシャルサイト
 環境省 自然環境局 生物多様性センター
 生物多様性センター内の絶滅危惧種情報



鳥海山の山開きイベント(遊佐町) 遊佐鳥海観光協会 6


第11回 鳥海山高山植物観察山行

期日
  及び
コース
 7月23日(水)
 御浜コース 大平−御浜−鉾立  30名

 8月 4日(月)
 山頂コース 大平−山頂−鉾立  30名

 8月21日(木)
 縦走コース 鉾立−山頂−祓川  30名
参加  各コースとも先着順
費用   御浜コース  3,000円 
  山頂コース  3,500円 
  縦走コース  4,000円 (バス・ガイド・保険料)
申込 参加費を添えて申込です
問い合わせ  NPO法人遊佐鳥海観光協会
  TEL:0234-72-5666
  FAX    72-3999
   3つのコース案内の詳細(PDF)

   参加申し込み書(word)

  遊佐鳥海観光協会のホームページ 


鳥海山の山開きイベント(酒田市八幡) 八幡支所産業係 5


   鳥海山湯ノ台口山開きと鳥海登山


期日  6月29日(日) 小雨決行 7月6日(日)に変更
コース  Aコース 山開き神事・月山森   50名
 Bコース 山頂登山          30名
参加  各コースとも先着順
集合時間  Aコース  午前9時
 Bコース  午前5時30分
 解散は午後5時頃
 いずれも鳥海高原家族旅行村
費用   2,000円 (保険料・ガイド料他)
申込締切  6月13日(金)まで
八幡総合支所建設産業課産業係
  TEL:0234-64-3115
  FAX:    64-3110
持ち物 昼食・補助食品・飲み物・雨具・着替え
軽アイゼンなど
  詳細は酒田市のHPより、八幡総合支所建設産業課産業係の
 ページに参加者募集案内有ります。



月山の山頂に咲くクロユリの見頃は6月の末頃! 月山朝日観光協会 4

「月山クロユリ登山」

期日  6月29日(日) 午前8時〜午後4時 
内容 7月1日の山開きを前に山頂に咲く「クロユリ」を目指して、高山植物の咲く「月山」をガイドと一緒に歩いてみませんか。
(月山ペアリフト−姥ヶ岳−牛首−月山山頂−姥沢)
ガイド  月山朝日観光協会所属ガイド
定員  30名(定員になり次第締め切り)
集合
時間
 姥沢の月山ペアリフト下駅に午前8時まで
費用   3,000円  (リフト代・ガイド代・保険料など)
持ち物  登山できる服装・飲料水・レインウェア・昼食・携帯食・保険料写し・軽アイゼン(貸し出し有り、有料500円)
申込
期限
 6月20日(金)まで
 月山イベント実行委員会
  TEL:0237-74-4119
  FAX:    74-2601
その他 当日の天候により中止、及びコースが変更になる場合もあります。
 参加受付は既に始まっております。参加料は事前納入、コース時間、登山の注意事項、また申込み用紙などの詳細は下記のHPを参照して下さい。
    西川町・月山朝日観光協会   



月山の開山祭は7月1日ですがイベント先行してます! 月山ビジターセンター 3

「月山を外来植物から守ろう」パート1

期日  6月22日(日) 午前6時30分〜午後5時30分 
内容 月山付近で在来植物の植生に繁殖しつつある、セイヨウタンポポなどを除去するイベントです。
(月山八合目−月山山頂・鍛冶小屋付近で除去作業−西川町姥沢)
指導  環境省羽黒自然保護官事務所
ガイド  月山ビジターセンターパークボランティア
定員  受付開始は5月28日(水)から
 25名程度(定員になり次第締め切り)
集合時間  月山ビジターセンターに午前6時30分まで
費用   1,500円  (リフト代・入浴券・保険料など)
持ち物  登山できる服装・飲料水・レインウェア・昼食・携帯食・軍手・軽アイゼン(貸し出し有り)・ストックなど
申込期限  6月18日(水)まで
 月山ビジターセンター
  TEL:0235-62-4321
  FAX:    62-4321
その他  各自の車両は月山ビジターセンターに置いて、マイクロバスで8合目に上がります。 バスは志津口の姥沢まで回り羽黒まで戻ります。
 悪天候の場合、前日の午後3時30分に実施の有無を判断し、参加者の皆様には午後6時以降にご連絡致します。
   詳細は下記のページに近々アップされるはずです。
 
 鶴岡市羽黒庁舎 産業課 観光商工室のイベント案内


「月山を外来植物から守ろう」パート2(ゆったり編)

期日  6月26日(木)〜27日(金) 1泊2日(3食付)
内容 八合目〜山頂までフラワートレッキングを行い、月山付近で在来植物の植生に繁殖しつつある、セイヨウタンポポなどの除去を行います。日本海に沈む夕日と夜は満天の星。朝はご来光を浴びることも出来ます。翌日は、山頂付近の高山植物のお花畑を山頂小屋主人・芳賀さんの案内で散策します。
指導  環境省羽黒自然保護官事務所
ガイド  芳賀竹志(月山山頂小屋主人・写真家)
サブガイド  月山ビジターセンターパークボランティア
定員  受付開始は5月28日(水)から
 20名程度(定員になり次第締め切り)
集合時間  月山ビジターセンターに午前8時まで
  翌日は午後2時30分頃に終了予定
費用   7,500円 (山小屋宿泊代・入浴券・保険料など)
持ち物  登山できる服装・飲料水・レインウェア・昼食・携帯食・軍手・軽アイゼン(貸し出し有り)・ストックなど
申込期限  6月18日(水)まで
 月山ビジターセンター
  TEL:0235-62-4321
  FAX:    62-4321
その他  各自の車両は月山ビジターセンターに置いて、マイクロバスで8合目に上がります。
悪天候の場合は中止となります。実施の有無の確認は当日の午前6時から6時30分の間にお問い合わせ下さい。(前日に悪天候が予想された場合、午後7時ぐらいに連絡する場合もあります)
   詳細は下記のページに近々アップされるはずです。
 
 鶴岡市羽黒庁舎 産業課 観光商工室のイベント案内


「月山クロユリ観察会」

期日  6月29日(日) 午前7時〜午後4時 
内容 高嶺の花クロユリの観察と高山植物などをゆっくり見ながらトレッキングします。
(月山八合目−月山山頂−西川町姥沢)
ガイド  月山ビジターセンターパークボランティア
定員  受付開始は5月28日(水)から
 25名程度(定員になり次第締め切り)
集合時間  小真木体育館中央駐車場(公衆トイレ付近)に
 午前7時まで
費用   2,500円  (リフト代・入浴券・保険料など)
    (子どもは2,000円)
持ち物  登山できる服装・飲料水・レインウェア・昼食・携帯食・軽アイゼン(貸し出し有り)
申込期限  6月25日(水)まで
 月山ビジターセンター
  TEL:0235-62-4321
  FAX:    62-4321
その他 悪天候の場合は中止となります。実施の有無の確認は当日の午前5時30分〜午前6時30分の間にお問い合わせ下さい。
   詳細は下記のページに近々アップされるはずです。
 
 鶴岡市羽黒庁舎 産業課 観光商工室のイベント案内




 春から夏の鳥海にようこそ! 2014 
山形県側から鳥海に訪れる方への簡単リンク集  
コースガイド 鳥海国定公園観光開発協議会 まるごと鳥海山情報
鳥海やわた観光(株) 湯ノ台コース(旧八幡町) 
遊佐鳥海観光協会 大平・鉾立コース
アクセス 庄内交通(株) ブルーライン方面バス時間未定 酒田−大平−鉾立
湯ノ台ルートなどのバス案内 鳥海国定公園観光開発協議会
酒田第一タクシー遊佐営業所さんが運行
鉾立と滝の小屋方面への詳細な料金の目安があります

酒田第一タクシー
0234−22−9444
鳥海ブルーラインなどへの観光案内など 酒田合同タクシー  22−4433
鳥海登山の観光コース案内など 港タクシー       22−4622
鳥海山の地図(登山道)とコース案内 大物忌神社提供
宿泊 湯の台温泉 鳥海山荘 湯の台コース入り口
鳥海高原家族旅行村  〃 いろんな宿泊施設有り
鳥海温泉 遊楽里 ブルーライン入り口
大平山荘    *大平山荘(冬期避難所) ブルーライン4合目の国民宿舎
町営「滝ノ小屋」ネットにて予約可  湯ノ台口徒歩15分
山頂小屋・御浜小屋・河原宿小屋 鳥海山大物忌神社の所有
入浴 あぽん西浜 (大平・鉾立の登山の帰り) ブルーライン入り口
八森温泉ゆりんこ (滝ノ小屋口の帰り) 滝ノ小屋線より車10分
本町温泉スパ・ガーデン (酒田市内) 本町3丁目で市の中心部
天気 yahoo!天気情報 遊佐町 大平・鉾立方面
yahoo!天気情報 酒田市 酒田・八幡方面
近隣観光地 庄内観光コンベンション協会 庄内全域の観光情報
(社)酒田観光物産協会 酒田近隣の観光情報
yahoo!トラベル「鳥海山」  〃 
その他 鳥海山についての各種LINK 当ページのLINKにどうぞ
登山届けはネットでOKです 山形県のホームページ

    『鳥海山お得タクシーパック』のご紹介です。

 遠方よりお越しの方で、鳥海ブルーラインの起点となる山形県遊佐町内指定の宿泊施設を利用することが要件ですが、鳥海登山の縦走も可能になるパックです。2時間分のタクシー利用券がついてきますので、たとえば「湯ノ台口・象潟口・吹浦口」などでの入山と下山が楽しめます。
  詳細については遊佐鳥海観光協会さんのページをご覧下さい。
                                   2014.4.3

遊佐町の新しいパンフ『史跡 鳥海山案内』のご紹介

 遊佐駅の構内にある遊佐鳥海観光協会さんに17日に何気なく寄ってみました。遠方の知り合いなどに時々送ってあげたりする鳥海山の観光パンフを見ていたら、親切な女性職員の方から「このパンフは最近出来たばかりですよ」と教えていただいたのが史跡 鳥海山案内です。

 従来の観光スポットやお土産などのパンフと違い、このパンフは遊佐町教育委の制作したもの。A4番でカラー10ページの中には鳥海山大物忌神社の吹浦口ノ宮と蕨岡口ノ宮境内の詳細案内図や写真・イラストなど、そして丸池神社境内の紹介もあります。
とくに面白いと思ったのが高山樗牛の「鳥海山紀行」文やその他随所に掲載されている鳥海山に関係する昔の古い写真や古い手書きデッサン画などで、どれも興味深いものです。そして表紙と裏表紙には酒田市在住の木山由紀子さんの鳥海山のイラストがど〜んと出ています。木山さんのイラストはあちこちで見かけますが、ファンの一人としては見逃せないパンフですね。

 たぶん、遊佐町内の観光スポットなどにも置かれてるとは思いますが、なかなか見かけないような時には遊佐鳥海観光協会さんにお問い合わせしてみたら良いかと思います。
  
      遊佐鳥海観光協会 (遊佐駅の構内にあります)
        TEL  0234−72−5666
        FAX        72−3999
        mail  ホームページから可能
                              2014.4.17


山の写真展のご案内 1

 
 斎藤政広写真展 「ブナの声2014

 毎年山にブナの芽吹きがはじまるこの時期に開催されている斎藤政広さんの写真展「ブナの森」のご案内です。

5月11日(日)はブナの声が聞こえるあったかコンサートが予定されています。

とき  2014年4月24日(木)から5月12日(月)まで  
ところ  さかた街なかキャンパスにて
  酒田市中町1丁目  TEL 0234-23-1911




( TOPページに一時的に貼り付けた情報など )  管理者用
 鉾立口への庄内交通のバス路線廃止に伴い、地元の「第一タクシー」さんではJR遊佐駅と鉾立の間で乗り合いタクシーを開始しております。詳細は遊佐鳥海観光協会さんのページへ2014.7.4
  『鳥海山お得タクシーパック』のご紹介です。

 遠方よりお越しの方で、鳥海ブルーラインの起点となる山形県遊佐町内指定の宿泊施設を利用することが要件ですが、鳥海登山の縦走も可能になるパックです。2時間分のタクシー利用券がついてきますので、たとえば「湯ノ台口・象潟口・吹浦口」などでの入山と下山が楽しめます。
  詳細については遊佐鳥海観光協会さんのページをご覧下さい。
                                             2014.4.3
庄内交通の酒田(吹浦)鉾立線が廃止されました!
酒田から吹浦−鉾立まで走っていた庄内交通のバス路線が廃止されました。自家用車やタクシー利用が増えての利用者の減少とはいえ、遠方からの方には残念なことでしょう。 2014.6.5
新しい観光パンフ『史跡 鳥海山案内』のご紹介  
 月山と鳥海山の山開きも近づいてきました。例年のようにいろんなイベントが予定されています。
これまでも湯ノ台からの山頂コースとか、月山山頂の外来植物除去などに参加させてもらいました。
今年も参加を予定してるのもあります。ぜひどれかのイベントに参加してみませんか?

 昨年の12月、山形県は最上小国川の漁業権を持つ小国川漁協組合長に対して「ダム建設の協議に応じなければ10年に一度の今回の漁業権の更新は出来ませんよ」と強く迫ったそうだ。
そして、組合長は2月10日未明に自殺。
組合長(77歳)は、清流を守る漁協の立場を代表して、この間ずっとダム建設への反対を訴え続けてきた。しかし、昨年末からは魚業権の更新を盾に計画への同意を求める県との板挟みになり、強い心労を感じ「組合長を代わってほしい…」とこぼしていた。

 そして6月8日、とうとう漁協は総代会にて賛成57票、反対46票でダム容認へ転じてしまった。
最上町が要望して約27年たつダム計画はこれで建設まですんなりと進んでいくのだろうか?さぞかし山形県のトップと担当部署は喜んでるのでしょうね。全国各地で見直されているダム建設、最上小国川のダム計画にも全国から反対の声が届いています。

 つや姫のはっぴを着て、サクランボのかぶり物をして浮かれている人もいる。一組合長を自殺にまで追い込んでしまったダム計画。山形市の119番通報問題やら今回の山形県の対応などを見ると、ほんとうに怒りがこみ上げて来ます。

 「最上小国川の清流を守る会」のホームページです。
                                      2014.6.9
 6月22日(日)午前中  鳥海ブルーライン象潟口通行止め!
にかほ市にてスポーツイベント(自転車)があります。午前7時から12時までは、象潟口から上がることや、降りることが出来ませんので注意です。 2014.5.28

   NHK BS3プレミアム 「にっぽん縦断 こころ旅」  

今週は山形県内を自転車で走っています。今週前半は内陸ですが、いよいよ6.19(木)と20(金)は庄内にやって来ますよ。今日の月曜日版は、その週の旅の名場面と、火野さんが訪ねることができなかった「こころの風景」の紹介ですが、遊佐町の「丸池様」のきれいな映像とナレーションが紹介されていました。

 ところで、「こころ旅」という番組見てますか〜?
65歳になった俳優・火野正平が愛用の自転車で日本全国各地を旅するという番組。ほとんどの映像は自転車から見た景色で、火野正平の独特の呟きだけが音声という変わった雰囲気の番組です。それでも何故か知らない町を走りながらの呟きを聞いてるとホッとするというか、癒されてしまい短い番組ですがついつい見てしまう。
ぜひとも一度この番組を見て下さいね。自転車で走りながらの各地の美しい山の姿も必見です。

  6月19日(木) 7:45−7:59 朝版  再放送11:30−11:44
              「羽黒町を走ります」
           19:00−19:29 とうちゃこ版 違う編集でじっくりと見られます。

  6月20日(金) 7:45−7:59 朝版  再放送11:30−11:44
              「鶴岡市内を走ります」
           19:00−19:29 とうちゃこ版 違う編集でじっくりと見られます。

  6月21日(土)、22日(日) 11:00−11:58
              1週間のとうちゃこ版の再放送

    火野正平さんの体調などもあり希に放送時間等が変更になりますので、
  NHK BS3プレミアム 「にっぽん縦断 こころ旅」のHPをご覧下さい。
            
                                  2014.6.16



四季 スキー 自然 話題 LINK 掲示板