いろいろな行事や情報のご案内


2012.1月より
TOPページからの部分リンク専用ページ
日程、内容、主催などは随時書き替えを行っています。
行事のご案内、参考用(2002年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2003年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2004年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2005年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2006年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2007年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2008年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2009年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2010年分)はこちらへ
行事のご案内、参考用(2011年分)はこちらへ


日 程   いろいろな行事や情報の内容
主催及び問い合わせ先
12月13日(木) 12月研修会「東北地方の自然保護&今後の本会の活動を考える」 鳥海山の自然を守る会 21


   12月鳥海山の自然を守る会研修会
     「東北地方の自然保護&今後の本会の活動を考える」

 
 これまで私たちの会は長い間「東北の自然」を見つめてきました。昭和30年代には東北の山の至る所にあったブナを伐採し、まともな成長も出来ない高い標高まで杉を植え、揚げ句の果てにササ等に負け放置されてきました。
 その後、バブル期には大手開発企業によるスキー場やゴルフ場建設のために山野にブルドーザーの爆音が響き渡りました。しかし、それもバブル崩壊後に水が引くように捨て去られました。

 そして現在は、里山の田畑が荒れ、植林地に人が入らず、蔦や下草に覆われています。そこに、クマやカモシカ、猿や猪が山から下りてきて危害を加えつつあります。更に、東北では大震災や放射能汚染が加わり、これまで例を見ないほど荒廃しつつあります。

 そのような現実を見つめつつ、私達の会のこれからを話しあってみたいと思います。
寒くなりましたが参加して下さいますよう、ご案内申し上げます。
 

日 時  12月13日(木)  午後7時より
場 所  酒田市総合文化センター 309号室  
内容 1. 東北・山形の自然保護問題
2. これからの私たちの会の活動をどうするか?
    例えば・・・
  来年の観察会の場所?
  これからやって欲しいこと?
その他  終了後、希望者で懇親会を計画します
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
                 自然を守る会ニュース12月号より転載



2011年度 鳥海登山案内資料 20

 春から夏の鳥海にようこそ! 2012 
山形県側から鳥海に訪れる方への簡単リンク集  
コースガイド 鳥海国定公園観光開発協議会 まるごと鳥海山情報
鳥海やわた観光(株) 湯の台コース(旧八幡町) 
遊佐鳥海観光協会 大平・鉾立コース
アクセス 庄内交通(株) ブルーライン方面バス時間 酒田−大平−鉾立
湯の台ルートなどのバス案内 鳥海国定公園観光開発協議会
酒田第一タクシー遊佐営業所さんが運行
鉾立と滝の小屋方面への詳細な料金の目安があります

酒田第一タクシー
0234−22−9444
鳥海ブルーラインなどへの観光案内など 酒田合同タクシー  22−4433
鳥海登山の観光コース案内など 港タクシー       22−4622
鳥海山の地図(登山道) 大物忌神社提供
宿泊 湯の台温泉 鳥海山荘 湯の台コース入り口
鳥海高原家族旅行村  〃 いろんな宿泊施設有り
鳥海温泉 遊楽里 ブルーライン入り口
大平山荘 ブルーライン4合目の国民宿舎
町営「滝の小屋」  湯の台口徒歩15分
山頂小屋・御浜小屋・河原宿小屋 鳥海山大物忌神社の所有
入浴 あぽん西浜 (大平・鉾立の登山の帰り) ブルーライン入り口
八森温泉ゆりんこ (滝の小屋口の帰り) 滝の小屋線より車10分
本町温泉スパ・ガーデン (酒田市内) 本町3丁目で市の中心部
天気 yahoo!天気情報 遊佐町 大平・鉾立方面
yahoo!天気情報 酒田市 酒田・八幡方面
近隣観光地 庄内観光コンベンション協会 庄内全域の観光情報
(財)酒田観光物産協会 酒田近隣の観光情報
yahoo!トラベル「鳥海山」  〃 
その他 鳥海山についての各種LINK 当ページのLINKにどうぞ
登山届けはネットでOKです 山形県のホームページ

  「鳥海山山麓宿泊プラン」   遊佐町遊佐鳥海観光協会

NPO法人遊佐鳥海観光協会では期間限定で、遊佐町内の宿泊施設に泊まる登山客や観光客を対象に、タクシーかバスの最大2時間分利用権をサービスするそうです。
昨年は宿泊する登山客を対象とした登山口までの送迎をするプランでしたが、今年は登山客も観光客にも利用できるようにより便利なプランになったようです。
     期間や詳細については NPO法人遊佐鳥海観光協会のページへ
                                                  2012.7.1作成
     プラン実施期間「9月30日」にて終了
11月18日(日) 11月自然観察会「神室山への信仰の道!晩秋の土内渓谷をたどる」 鳥海山の自然を守る会 19


   11月自然観察会
     「
神室山への信仰の道!晩秋の土内渓谷をたどる」

 今年は猛暑の夏が長引き、季節的には秋になっていても良いこの時期、例年より気温が高く、山からの紅葉の便りも遅れているようです。この11月の自然観察会は紅葉には遅く、逆に早めの積雪を心配しなければならないため、いつも観察場所を選ぶのに苦労します。
神室連峰は昔から「神の籠もる山」として信仰を集めており、信仰伝説が数多く残る山です。ですが、この主稜線まではどのルートをとっても急な登りが続き、苦労してしまいます。

さて、今回選んだルートは、古くから行者さん達が歩いた道です。土内川に沿って延びる林道から入り、ブナやサワグルミの黄葉の美渓を眺めつつ、権八小屋跡へ続く急登の手前、「オクビレ」までの往復です。途中にはかつての修験者が「水垢離」をしたとされる「止まりの滝」や神室山詣での行者が新しいワラジに履き替えて神の座へ向かった場所である「はきかえ峠」などもあり、楽しめるコースです。

片道2時間弱。今年最後の「自然観察会」です。防寒に留意しながら晩秋の山歩き。是非参加してみては如何でしょうか。お待ちしております。
  (積雪の多い場合は中止のこともあります)

日 時  11月18日(日)  8時00分〜17時00分
場 所   神室連峰 土内渓谷(オクビレ) 
集合場所 7:50 みどり農協裏駐車場(酒田バイパス)に集合

酒田==金山==萩野==登山口−−(土内渓谷)−−
−−オクビレ−−登山口==金山 ==酒田
服装及び装備 帽子、手袋、靴下、靴(登山靴)、ストック
飲物、昼食、行動食など
費 用  2,000円  自家用車の相乗りで行きます。
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
 ※ 遠方の山など事前に人数集約する観察会以外は、当日集まった人たちで行きますので参加予約連絡等は必要ありません。 初めての方でもお気軽にご参加下さい。
                自然を守る会ニュース11月号より転載



10月28日(日) 酒田・中町「Bluse HiRO 40周年記念パーティー」 酒田産業会館4F 18


「Bluse HiRO 40周年記念パーティー」

 ヒロさんのお店も、妙法寺からスタートして、本町→中町ともう40年が経過したそうです。 「Bluse HiRO」と言えば酒田でも有名な老舗のライブハウス

 若い人からそれ相応の年代の人まで幅広い方々が気軽に集うお店です。毎日ライブをやっている訳でもなく、ゆったりとじっくりと飲むにはオススメのお店ですよ。

 40周年当日は、多くのバンドの方々の演奏や、懐かしい人たちとの語らいが楽しめそうです。

< 開 催 要 項 >
主 催  ヒロ40周年記念パーティー実行委員会
 ヒロ・ブルースクラブ
日 時  10月28日(日)
 開場受付    16:30
    開会    17:00 
会 場  酒田産業会館4階「日本海」
会 費  3,000円
その他  チケットはお店もしくは実行委員より購入して下さい



10月28日(日) SHC「イワカガミ」は結成33年目。懇親例会をします! 17


  酒田ハイキングクラブ「イワカガミ」も
       そろそろ長〜〜い冬眠から覚めなくては!

会員たちの「子育て」を理由にした相次ぐ冬眠で、会としての山行行事は無くなり、下界での「懇親例会」が数年に一度ぐらい開催されるだけでした。
それでも、会が活発だった頃によく集まった「ブルース・ヒロ」さんの周年パーティーには何故か出席して便乗「例会懇親会」をやってきましたね。
20周年記念パーティーと30周年記念パーティーと集まって、今年はいよいよ40周年記念パーティーも近づいてきました。
ヒロさんの40周年に便乗して、またみんなで久しぶりに集まりませんか?

 K会長曰く「そろそろみんな子育ても終わったんじゃねえか?

 個人的にはまだまだ山から完全撤退した訳じゃないメンバーも多く、そろそろ会山行も良いんじゃないですか? たしかに、あの当時と比べれば体力的な衰えは隠せないが、山への想いはまだまだなはず。

 この例会懇親会を突破口に、また一緒に山歩きしましょう!
    
     鳥海山はいつでもみんなを待ってるよ〜!

 ヒロ40周年記念パーティーのチケットは、実行委の末席に置いてもらった、当ページ担当の所にもありますのでよろしくお願いします。




11月3日〜4日 「第33回東北自然保護のつどい・青森」 東北自然保護団体
連絡会議
16

    
 第33回東北自然保護のつどい・青森
  

 1980年に第1回が開催され、その後一度も途切れたことのないこのつどい、今年は青森で開催されます。
 今回は、昨年3.11後、いろいろな課題をかかえる各団体で広く交流しつつ、話し合う場にしました。

< 開 催 要 項 >
主 催  東北自然保護団体連絡会議
   第33回「東北自然保護のつどい・青森」実行委員会
日 時  11月3日(土)〜4日(日)  
会  場    福祉健康保護センター
     「つがる富士見荘」
     青森県北津軽郡鶴田町大字廻堰字大沢71−1
      п@0173−22−3003
日  程  <3日>
 12:30 受付
 13:00 開会行事
 13:40〜17:00 基調報告 及び 各県の報告
 18:15 懇親会

 <4日>
  9:00〜11:30 全体会議
その他 (他に詳細は守る会ニュース参照のこと)
自然を守る会ニュース9月号より転載



10月14日(日) 10月自然観察会「東光山(594m)」由利本荘市の北東の山 鳥海山の自然を守る会 15


   10月自然観察会「東光山(594m)・・由利本荘市の北東の山
        
”是山和尚が修行した霊山「赤田五峰山」の一つ”

 秋田県由利本荘市の北東に地元の人々の信仰の山として親しまれている「赤田五峰山」があります。昔、病める人々に薬を施したり、時には慈雨を降らせたりと、数々の奇跡を起こしたとされる「是山泰覚和尚」が修行をしたとされる山々です。更に、傾山(かたがりやま)、黒森山、笹森山、東光山、仏洞山(ぶつとうさん)の五つの頂が御釈迦様の姿に似てることから仏教の聖地になったとされます。

 今回登る「東光山」は、標高は600mに満たない山ですが、秋の紅葉が真っ盛りのこの時期に訪ねてみる価値がありそうです。四合目には「薬師」様が祀られ、病気を治してくれるらしいし、五合目には「毘沙門天」も祀られています。そして山頂には「薬師瑠璃光如来」が神社の中に祀られているそうです。

 また、時間があれば「赤田の大滝」や麓の長谷寺(ちょうこくじ)にある日本三大観音の一つ、背丈9mもある「十一面観音像」も観たいものです。
 また、紅葉も美しく、山頂からは遙か鳥海山の雄姿や日本海も望むことが出来ます。
登山時間は往復で2時間30分。秋の爽やかな汗をかきに行きましょう。

日 時  10月14日(日)  8時00分〜17時00分
場 所   東光山(594m) 秋田県由利本荘市  
集合場所 7:50 みどり農協裏駐車場(酒田バイパス)に集合

酒田==由利本荘==赤田==登山口−−毘沙門堂−−
−−東光山山頂−−登山口==酒田
服装及び装備 帽子、手袋、靴下、靴(登山靴)、ストック
飲物、昼食、行動食など
費 用  2,000円  自家用車の相乗りで行きます。
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
 ※ 遠方の山など事前に人数集約する観察会以外は、当日集まった人たちで行きますので参加予約連絡等は必要ありません。 初めての方でもお気軽にご参加下さい。
                自然を守る会ニュース10月号より転載



9月 9日(日) 9月自然観察会「鳥海山・万助小舎」 鳥海山の自然を守る会 14


       9月自然観察会「鳥海山・万助小舎」
        ”心温まる、鳥海山の万助小舎で
           夏の疲れを取りながらのんびりと!”


 残暑が続く毎日ですが、元気に野山を歩いていることと推察します。
今年の自然観察会は極端な天候に悩まされていますが、今回の観察会は地元・鳥海山のブナ林を歩き、毎年少しずつ修理改善を重ね、常にきれいに整理整頓されています「万助小舎」で、心も身体も癒して下さい。
地元の登山者ばかりではなく、全国から訪れる登山者にも喜ばれておりますこの万助小舎も建設されてから昨年で50年になりました。

 その小舎の100m先から湧水となって湧き出て流れ下る沢の冷たい水に手足を浸したり、安らぎを覚える小舎の中でのんびりしたいと思います。
たまにはザックに多めの菓子や果物を入れ、気のあった方々とおしゃべりなどする時間を持ちましょう。
ゆっくり、のんびり、初秋の鳥海山を楽しんでは如何でしょうか。

日 時  9月9日(日)  8時00分〜16時00分
場 所   鳥海山 (万助コース)   
集合場所 7:50 みどり農協裏駐車場(酒田バイパス)に集合

酒田== 一の滝駐車場−−渡戸−−万助小舎−−
−− 一の滝駐車場==酒田
服装及び装備 帽子、手袋、靴下、靴(登山靴)、ストック
飲物、昼食、行動食など
費 用  1,500円  自家用車の相乗りで行きます。
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
 ※ 遠方の山など事前に人数集約する観察会以外は、当日集まった人たちで行きますので参加予約連絡等は必要ありません。 初めての方でもお気軽にご参加下さい。
                自然を守る会ニュース9月号より転載



8月 5日(日) 8月自然観察会「鬼首環状盆地の外輪山・須金岳(1253m)」 鳥海山の自然を守る会 13


    8月自然観察会
     鬼首環状盆地の外輪山・須金岳(1253m)
     秋田・宮城の県境−自然豊かな奥深い山!

 昔鉱山が開かれ、良質の鉱石(素鉄)が産出したことが、この山の名の由来と言われます。また、今から30〜20万年前に活動した鬼首火山の外輪山の一つでもあります。作夏はこの鬼首カルデラの中心部にある荒雄岳に登っております。
この夏は、この須金岳の自然豊かなブナ原生林に囲まれた山の奥深さを感じて見ましょう。

それに、不思議なことにこの山、山頂の標識が三カ所もあるのです。「本物の山頂」「仮の山頂」「とりあえず山頂」・・面白いですね。
盛夏のこの時期、もっと高い山に登り、涼風に吹かれる爽快感を求める方も多いでしょうが、たまには静かな登山を味わってみるのも如何でしょうか。先ほどのどの山頂まで行けるか判りませんが、ゆっくりと楽しみながら、そしてたっぷり汗をかきながら歩いてみましょう。


日 時  8月5日(日)  7時00分〜17時00分
場 所   須金岳 (1253m)   
集合場所 6:50 みどり農協裏駐車場(酒田バイパス)に集合

酒田==鳴子温泉==鬼首==仙北沢登山口−−
−−須金岳−−仙北沢登山口==鬼首==鳴子==
==酒田
服装及び装備 帽子、手袋、靴下、靴(登山靴)、ストック
飲物、昼食、行動食など
費 用  2,000円  自家用車の相乗りで行きます。
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
 ※ 遠方の山など事前に人数集約する観察会以外は、当日集まった人たちで行きますので参加予約連絡等は必要ありません。 初めての方でもお気軽にご参加下さい。
                自然を守る会ニュース8月号より転載



7月15日(日) 7月自然観察会 鳥海山(秋田県百宅口) ブナ林と高山植物を! 鳥海山の自然を守る会 12


    7月自然観察会
     鳥海山(秋田県百宅口) ブナ林と高山植物を!

 この時期、梅雨が明けてくれればいいのですが。でも、緑のブナ林を通り過ぎる爽やかな風を受け、高地では色とりどりの高山植物が咲き競ってることでしょう。
この大清水へのルートは旧八幡町升田から延びる奥山林道を通り、鍋倉峠を越えて行くのが酒田からは一番近いのですが、如何せんこの林道は道路の状態が非常に悪いのです。ですから、鳥海山をグルッと回り、百宅から入ることになります。
かつては奥山林道沿いは鬱蒼としたブナの原生林に覆われていたのですが、今はすっかり伐採されてしまいました。大清水小屋は残り少ないブナ林の中にあり、気持の良い空間です。
そこからタッチラ坂・屏風岩を経て唐獅子平まで登る予定です。付近にある唐獅子のような岩が私達を迎えてくれます。
外輪山までは行けませんが、夏の鳥海山に登り、気持ちの良い汗をかいてみませんか。
出発時間が少し早いのでご注意を…!

日 時  7月15日(日)  7時00分〜17時00分
場 所   鳥海山 (大清水〜唐獅子平)   
集合場所 6:50 みどり農協裏駐車場(酒田バイパス)に集合

酒田==象潟==百宅==大清水登山口−−
−−タッチラ坂−−唐獅子平周辺−−大清水登山口==
==百宅==象潟==酒田
服装及び装備 帽子、手袋、靴下、靴(登山靴)、ストック
飲物、昼食、行動食など
費 用  2,000円  自家用車の相乗りで行きます。
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
 ※ 遠方の山など事前に人数集約する観察会以外は、当日集まった人たちで行きますので参加予約連絡等は必要ありません。 初めての方でもお気軽にご参加下さい。
                自然を守る会ニュース7月号より転載



6月16日(土) 2012年度(平成24年) 「鳥海山の自然を守る会」定例総会の案内 鳥海山の自然を守る会 11

2012年度「鳥海山の自然を守る会 定例総会」のご案内
 昨年の3月11日以降、いろいろな場所に活断層があり直下型の大地震が起きる確率が高いとか、原子力発電所が全国で停止したことによって電力不足に陥るとか、最近はマスコミによって脅されっぱなしです。
 一方、大地震そのものが私達の意識から少しずつ消えかけてきていることも事実です。

 けれども、私達人間を含む生物たち、もしくは生態系も大地震や大津波によって大きく変わったことは消し去ることの出来ない事実です。そんな中、一昨年に私達の会の総会で講師をしていただいた永幡嘉之さんが、津波にあった地域の生態系がどう変わったか、またどう回復してきているのかを調査し、記録した本が出版されました。その中で、いかに現在ある普通の自然を知っておかなければならないかを痛感させられました。日常に普通にある姿、ありふれた姿を認識している故に、自然災害や人工的変化で変わり果てた姿がわかり、警鐘を発することが出来るのだと改めて確認しました。

 私達の住む鳥海山を含めた庄内の自然環境や生態系を知ることも、私達の会の運動の一つでしょう。「自然観察会」は最高の研修会です。今後とも私達の活動の中心に据えたいと考えます。

 今回の総会では、昨年度の活動を総括しながら、今年度も楽しい中で中身の濃い活動をするために話し合いたいと思います。
また、観察会や登山の最中にアクシデントに見舞われた場合の応急措置の仕方を救急救命士の方より講習を受ける「講習会」を行います。
是非、参加を!


期   日 2012年6月16日(土)
総   会   午後6時30分〜午後7時10分
講 習 会   午後7時15分〜8時30分
場   所 酒田市総合文化センター  310号室

講習会 「熱中症の対策と処置」
   講師 : 酒田地区消防署の救急救命士 氏

熱中症・捻挫・低体温症など、登山中に思わぬアクシデントに見舞われた時、私たちが対処しなければならなくなったら・・・
「救急救命士」さんから懇切丁寧に講習を受けます。
                 
自然を守る会ニュース6月号より転載



7月 7日(土) 「第9回 鳥海山高山植物観察山行」 遊佐鳥海観光協会 10

 第9回 鳥海山高山植物観察山行

期日  7月 7日(土)  小雨決行
コース  @ 御浜コース 高山植物観察  30名
 A 山頂コース 山頂登山     50名
参加資格  各コースとも先着順
  *登山に必要な装備を不足なく携行できる方
  *ガイドの指示に従うことができる方
  *健康な方
費用   @ 2,500円 
  A 3,000円 
申込締切  5月15日(火)〜6月15日(金)
 参加費を添えて申込です
問い合わせ  遊佐鳥海観光協会
  TEL:0234-72-5666
   案内の詳細と申し込み書(word文書)は
 遊佐鳥海観光協会のホームページ  



7月 1日(日) 「鳥海山湯ノ台口山開きと登山」 酒田観光物産協会八幡支部 09

 鳥海山湯ノ台口 山開きと登山

期日  7月 1日(日)  小雨決行
コース  Aコース 山開き神事・月山森   50名
 Bコース 山頂登山          50名
参加  各コースとも先着順
集合時間  Aコース  午前9時
 Bコース  午前5時30分
  解散は午後5時頃
 いずれも鳥海高原家族旅行村
費用   2,000円 (保険料・ガイド料他)
申込締切  6月15日(金)まで
八幡総合支所建設産業課産業係内、
 酒田観光物産協会八幡支部まで
  TEL:0234-64-3115
  FAX:    64-3110
持ち物 昼食・補助食品・飲み物・雨具・着替え
軽アイゼンなど



5月13日(日) 5月自然観察会「雨乞い伝説の山、春盛りの天童の東・雨呼山に!」 鳥海山の自然を守る会 08


    5月自然観察会
     雨乞い伝説の山&ジャガラモガラ
               春盛りの天童の東・雨呼山に!


 天童市の東に古来より「雨乞いの山」として有名な「雨呼山(あまよばりやま)」906m があります。日照りが続くと山頂に御神酒を上げ、「雨よ降れ」と祈ったと言われます。

 春にはカタクリやイチリンソウが咲き、またブナの若葉などがきれいです。山頂近くには、水溜まりの様な「龍神ノ池」があり、そこでかつてはその池に入って水をとばし、泥をかけ合って騒ぎ、龍神様を怒らせ、雨を降らせたのだそうだ。

 山頂は天望はきかないが、ブナの木々に囲まれた静寂な場所。また、それも味わいがあります。岐路は、「ジャガラモガラ」と呼ばれる特異な地形を見ます。たまには、内陸の山を歩きましょう。

   ジャガラモガラとは?
崖崩れで出来たすり鉢状の凹地で、岩の隙間から冷気が吹き出て、一帯の気温は蔵王山頂より低いとされる。そのため高山植物が分布する特異地です。

日 時  5月13日(日)  7時00分〜16時00分
場 所   雨呼山 (906m)   
集合場所 7:00 みどり農協裏駐車場(酒田バイパス)に集合

酒田==天童市==貫津南==林道登山口−−
−−雨呼山−−ジャガラモガラ−−林道==
==天童==酒田
服装及び装備 防寒具、帽子、手袋、靴下、靴(登山靴)、ストック
飲物、昼食、行動食など
費 用  2,000円  自家用車の相乗りで行きます。
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
 ※ 遠方の山など事前に人数集約する観察会以外は、当日集まった人たちで行きますので参加予約連絡等は必要ありません。 初めての方でもお気軽にご参加下さい。
                自然を守る会ニュース5月号より転載



 斎藤政広写真展 07

 
 斎藤政広写真展 「ブナの声2012 鳥海山・山と森の時間」
 毎年山にブナの芽吹きがはじまるこの時期に開催されている斎藤政広さんの写真展「ブナの森」のご案内です。

 参考までに昨年の写真展「ブナの声2011 鳥海山・いきもの語り」の紹介

とき  2012年4月26日(木)から5月14日(月)まで  
ところ  さかた街なかキャンパスにて
  酒田市中町1丁目  TEL 0234-23-1911


 
 斎藤政広写真展 「鳥海山に水のふるさとを訪ねて」
 4月27日の鳥海ブルーライン開通と同時に大平山荘もオープンします。このオープンにあわせて斎藤政広さんの写真展が開催されます。

 鳥海山の春スキーにお出での際にはぜひお立ち寄り下さい。

とき  2012年5月1日(火)から5月31日(木)まで  
ところ  国民宿舎「大平山荘」 TEL 090-2607-2326



4月15日(日) 4月自然観察会「早春の胎蔵山(728m)へ!」 鳥海山の自然を守る会 06


    4月自然観察会
     早春の胎蔵山(728m)へ!

        弘法大師が開山したとされる霊気漂う平田の山へ

 真言宗の開祖・弘法大師が全国行脚の折り霊気に打たれ、自ら「胎蔵」と名付けたと言われる平田地区に聳える山。薬師如来を祀り、古来より健康と子宝を恵むとされ、信仰を集めた山です。山頂にはかつて黄金で出来た蔵が安置されていた「一の宮」(奥の院)《黄金の像は過去に何度か盗難に遭い、現在は何処にあるか秘密とされる》、女人禁制の山でありながら女性の入山も許されていた「薬師神社」などがあります。

 多分、里ではサクラ咲く次期。平田地区の進藤から林道を入り、杉林の急坂を登ると「薬師神社」です。今は女性でも奥の院まで行けますので、緩い尾根道を「奥の院」に向かいます。この尾根道からは雪を抱いた鳥海山が望まれます。絶景です。

 また、マンサクの黄色い花やムラサキヤシオの紫の花、イワウチワやスミレの花、加えて若く柔らかい緑の葉。春を謳歌し恋の歌を囀る小鳥の姿、心地よい春風に運ばれる甘い香り・・・
そのような春の一日、自然の中に身体を任せてみませんか?

日 時  4月15日(日)  8時00分〜16時00分
場 所   胎蔵山 (728m)   
集合場所 8:00 みどり農協裏駐車場(酒田バイパス)に集合

酒田==平田地区進藤−−林道−−元鳥居松−−
−−薬師神社−−奥の院《山頂》−−進藤==酒田
服装及び装備 防寒具、帽子、手袋、靴下、靴(登山靴)、ストック
飲物、昼食、行動食など  (途中雪道となります)
費 用  1,500円  自家用車の相乗りで行きます。
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
 ※ 遠方の山など事前に人数集約する観察会以外は、当日集まった人たちで行きますので参加予約連絡等は必要ありません。 初めての方でもお気軽にご参加下さい。
                自然を守る会ニュース4月号より転載



4月15日(日) 「女川原発の再稼働をやめさせるために」講演と集い さようなら原発
 酒田飽海の会
05

 3月25日(日)に行われた集いには、春の淡雪の舞うあいにくの天候にもかかわらず多くの方々が参加されました。
原発暴走によりここ酒田に避難されている方のお話を伺い、またいろんなビデオ映像を見て、あらためて原発の再稼働は絶対に許されないと感じた。

 4月15日(日)には、女川原発の差止訴訟をめざして仙台弁護士会の若手女性弁護士12名で結成された「脱原発ひまわりネット」の代表である山田いずみ弁護士の講演も行われます。
 酒田より一番近い?原発である女川原発の危険性を知る良い機会かと思います。
     ”子どもたちの未来のために”講演と集い
    「女川原発の再稼働をやめさせるために」
日 時  4月15日(日)  午後2時
場 所  勤労者福祉センター3階多目的ホール
    (酒田市緑町19−10 電話0234−26−2644)   
参加費  500円
内 容  講師  山田いずみ弁護士
      (脱原発ひまわりネット代表

 案内文はさよなら原発酒田飽海の会のページへ



3月25日(日) 子どもたちの未来のために 「さようなら原発酒田飽海の会 つどい」 さようなら原発酒田飽海の会 04

 
  ここ酒田では15日に市議会が「震災がれきの受け入れ」という決議を全会一致で可決しました。あの酒田大火では東北地区からも多くの支援を受けた酒田も、ようやく率先して被災地の復旧・復興支援に協力する姿勢を見せはじめました。

 また脱原発・卒原発を求める市民の方々も大勢います。
いろんな所で原発を考える会合なども行われており、これが大きな運動となって原発完全廃棄につながることを期待したいと思います。

     子どもたちの未来のために
    さようなら原発酒田飽海の会 つどい
日 時  3月25日(日)  午後2時
場 所  浜田コミセン   
参加費  300円
内 容  * 福島からの訴え
 * 高瀬靖さんの訴え
     (本間美術館顧問・元酒田西高校校長)
 * ビデオ上映
  詳細は同会のHPをご覧下さい。PDFファイル有り。



3日11日(日) 「東日本大震災追悼と交流の集い」のご案内 酒田市社会福祉協議会 03

   あの大震災と大津波から一年が経とうとしています。
  3月11日(日)には、ここ酒田でも「追悼と交流」の集いが開催されます。

      「酒田市 東日本大震災追悼と交流の集い」
 
   日時   平成24年3月11日(日) 午後2時30分〜午後5時
   場所   酒田市総合文化センター

     詳しくは、上記のPDFファイルの掲載されている
    酒田市社会福祉協議会 のHPをご覧下さい。

  


3日11日(日) 3月自然観察会「早春の鳥海山へ! 三の俣から鈴木小屋」 鳥海山の自然を守る会 02


    3月自然観察会
     早春の鳥海山へ! (三の俣から鈴木小屋)

        雪の上の小さな春をさがしに!
 
 今年も豪雪に悩まされました。連日の除雪に苦労なされたことと思います。

さて、それでも3月になれば春の兆しを感ずることが出来るのではないでしょうか。小鳥たちが梢でチッチッと地鳴きを交わし、木々の冬芽も心なしかふくらんで来ているかも知れません。また、雪の上にはウサギやキツネたちの足跡があり、彼らの密かな饗宴の様子を垣間見ることも出来るでしょう。

 昨年は想像を絶する大震災に見舞われ、3月の自然観察会は声を潜めての実施となりましたが、今年は本当に早春の鳥海山を楽しみたいと思います。

 この冬期間で鈍った身体にワカンやスノーシュー、又は山スキーを履いて、「どっこいしょ」とばかりに歩き始めては如何でしょうか。
皆様方の元気なお姿をお待ちしております。

  尚、天候によってはコースの変更や中止もあります。


日 時  3月11日(日)  8時00分〜16時00分
場 所   鳥海山 (三の又コース)   
集合場所 8:00 みどり農協裏駐車場(酒田バイパス)に集合

酒田==三の俣さんゆう−−鈴木小屋−−三の俣==
==酒田
服装及び装備 防寒具、帽子、手袋、靴下、靴(登山靴)、
飲物、昼食、行動食など
ワカン・スノーシュー どれでも構いません)
事務局でワカンを若干準備しています。
寒さ対策を十分に!
費 用  1,500円  自家用車の相乗りで行きます。
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
 ※ 遠方の山など事前に人数集約する観察会以外は、当日集まった人たちで行きますので参加予約連絡等は必要ありません。 初めての方でもお気軽にご参加下さい。
                自然を守る会ニュース3月号より転載



2月12日(日) 2月自然観察会「高舘山の冬景色を味わい、下池では野鳥の観察を」 鳥海山の自然を守る会 01


   2月自然観察会
     高舘山の冬景色を味わい、下池では野鳥の観察を

 
 今年も積雪が例年より多く、毎日雪かきに追われているのではないでしょうか?
さて、今年最初の自然観察会は鶴岡市大山にある「高舘山(標高274m)」にしました。高舘山は、その昔「竜の化身」といわれ、今年の干支「辰年」にふさわしい山です。
さて、この高舘山は動植物の宝庫と言われ、春から秋にかけて多くの人が訪れますが、厳冬期は訪れる人も少なく、ひっそりとした佇まいです。それでも、林の中で小鳥や小動物の饗宴が繰り広げられております。その足跡を探したり、姿を探してみましょう。

また、大山地区にある下池・上池は平成20年に「ラムサール条約」に登録された渡り鳥の楽園です。この厳冬期にはコハクチョウ、マガモ、マガン、オオヒシクイなど池を埋め尽くすほど飛来しております。

今回はまず高舘山にワカンやスノーシューを履いて登り、下山後はこの下池で渡り鳥の観察をしたいと思います。どんな自然の姿を私たちに見せてくれるのか非常に楽しみです。
しかしながら、この季節、どのような天候になるのか予測がつきません。天候によっては「中止」する場合もあります。その時は…。
 

日 時  2月12日(日)  8時00分〜16時00分
場 所   高舘山周遊 274m  
集合場所 8:00 みどり農協裏駐車場(酒田バイパス)に集合

酒田==鶴岡大山−−内山コース−−高舘山−−
−−金沢コース−−大山下池==酒田
服装及び装備 防寒具、帽子、手袋、靴下、靴(登山靴)、
飲物、昼食、行動食など
ワカン・スノーシュー どれでも構いません)
事務局でワカンを若干準備しています。
寒さ対策を十分に!
費 用  1,500円  自家用車の相乗りで行きます。
問い合わせ 守る会事務局まで  0234−62−2656 
 ※ 遠方の山など事前に人数集約する観察会以外は、当日集まった人たちで行きますので参加予約連絡等は必要ありません。 初めての方でもお気軽にご参加下さい。
     自然を守る会ニュース2月号より転載





四季 スキー 自然 話題 LINK 掲示板