TOPページ

 見えた時だけ鳥海  2004年

   
 2002年1月よりTOPページで「見えた時だけの鳥海山」の姿を紹介していますが、更新するたびにこのページに移動します。なかなか山に行く機会もとれませんが、出来るだけ多く載せたいと思います。


1週間ぶりに鳥海が見えた  酒田測候所でのもっとも遅い初雪の記録(1978年12月5日)を更新中。市内からもスッキリと見えた鳥海も、一週間前よりは雪もだいぶ増えているようだ。下界は気温も下がらず、冬タイヤへの交換もほとんど進んでない現状で、県内のスキー場も天元台と蔵王の一部ゲレンデが滑れるだけ。そろそろ地吹雪のような季節感が欲しいような気も… 04/12/09
「酒田市白鳥を愛する会」主催の白鳥慰霊祭11.23  最上川河口のスワンパークには今年も既に1万羽近い白鳥が飛来した。今日は白鳥の慰霊祭があり港南・松原・亀城小の三校の子供会も参加した。昨年は35羽の白鳥が高圧線に触れたりして亡くなったとか。白鳥観察や餌づけ体験後は餅つきを行い、みんなでおしるこをご馳走になる。残念ながら川辺からは鳥海の姿は見えなかった。 04/11/23
白鳥が来た庄内平野から雪の鳥海  この時期には珍しく連日の晴れで今日は一日中きれいな鳥海が見えていた。前日の鳥海は「暗すぎ!」とのクレームメール?が届いたので、今日は準月末であり急いでお昼に一枚。鶴岡の「プロUさん」よりも初冠雪の写真が送られて来てますのでご覧下さい。
(鳥海山 .  .    月山1
休み前に晴れて、週末は雨なんて…
04/10/29
夕暮れの鳥海  17日に初冠雪した鳥海は市内からも雪の白さがはっきりと見えるほどになった。先週末晴天からは寒い日が続き暖房も欲しい日が続いている。
ちょうど40年前の新潟地震は夏前だったが今回の地震は雪の降る直前でもあり、被災された方々にはより厳しい冬となってしまったようだ。隣県でもあり何とか一刻も早い復旧を望みたいものだ。
04/10/28
外輪には白い雪も見えた  数日来の冷え込みで、晴れた今日は外輪の所々にも白い雪が見え、ようやく鳥海の初冠雪が観測されました。おだやかな日曜日とあって既に白鳥の飛来した最上川河川敷では、遠くの鳥海を見ながら恒例の芋煮会も盛んで多くの人でにぎわっていた。芋煮と釣り上げたハゼの天ぷらを味わいながらも、冬の近いことを感じさせた一日でした。 04/10/17
鳥海湖より山頂  台風が接近する8月最後の週末は、鳥海の行く夏を惜しむ大勢の登山者でにぎわう。下界は強風でも、山は風もない快晴の一日で鳥海湖には遊ぶ家族連れの姿も見えた。新設された木道から長坂道へと鳥海湖周遊コースの足元にはリンドウの紫だけが鮮やかに目立っていた。あと一ヶ月もすれば初冠雪の山頂も見える時期となってしまった。 04/08/28
夏の大雪渓  大雨の後の快晴となった週末の鳥海はこの夏一番の賑わい。車道終点の駐車場では10時の段階であふれた車が50台ほど。いつもの様に河原宿の上の大雪渓までの山歩きなので、のんびりと花をさがしたり、写真を撮ったりしながら登った。滝の小屋上部の雪渓もかろうじて残っており、河原宿上部の大雪渓もだいぶ狭くなっていた。 04/07/25
河原宿のニッコウキスゲ  この時期なにかと行事が多く、山の花も見に出かけられないでいる。酒田市内は連日の梅雨末期の雨が続き、特に17(土)の朝は市内各所の道路では雨水があふれ出し一時的な通行止めの箇所が相次いだほどだった。この時期の山の花は、たとえ雨でも登山者を惹きつけるが、今度行くまでに果たして奇麗なままで居てくれるでしょうか? 04/07/19
御浜から山頂をめざすグループ  今年の連休は自由になる日が一日だけ。例年通りに飽きもせず御浜までテレマークスキーに行く。稜線上の雪は既に無い。帰りにブルーライン沿いの雪渓を間違えてしまい、他の駐車帯に滑り降りてしまった。他のテレマーカーさんの後ろをうっかりついて滑ってしまったようだ。おかげで車道をしばらく歩く羽目になった。黄色いウェアーのテレマーカーさん! カッコ良かったなぁ… 04/05/02
吹浦の橋からの鳥海  朝と夕方に今度は「部活の送迎」で遊佐町へ。オープンした月山に行く訳にもいかず、久しぶりだったので西やん小舎に遊びに寄って来た。ニコンのD70を手に入れたこともあり、さっそくデジタル一眼の講習!を受けに行ったという次第。交換レンズの購入などいろいろなアドバイスを受けてきた帰りに、吹浦の橋から春の鳥海を一枚。 04/04/10
ミズバショウ群生地  鳥海ブルーライン沿いのミズバショウも盛りと聞き、午後から湯の台高原に咲くミズバショウを見に行く。雪解けを待っていた小さな花がたくさん咲いていた。ここの花(ガク)や葉は他とは違い巨大化しておらず、可愛い姿のままなのが気に入っている。 滝の小屋線の道路はいまだに牧場まで雪の壁−−まだ4月だし当然でしたネ。 04/04/04
立川町の風車と頭だけ見えた鳥海  春本番を思わせる晴天の日曜日は、朝から「部活の送迎」で立川町へ。試合のあい間をみて近くのウインドーム立川の展望台に行ったら、何と冬季間(3月末迄)は日曜休館中! 高い場所から鳥海山と風車を眺めようと思っていたが、やむを得ず楯山公園まで下りて撮影した。おかげで雪の鳥海は頭だけ少し見えただけだった。残念!! 04/03/28
市内から見る鳥海  酒田の桜の開花予想は4月9日とか。そんな暖かい今日は朝からほぼ一日きれいな鳥海が見えていた。「鳥海デジタル一眼」隊は、秋田側のどの撮影ポイントに出動したのでしょうね。こちらは出動?出来ずに、市内から眺めるだけ… 県内各地の山岳道路の除雪作業が始まるとのニュースに、いよいよ春本番を感じさせる一日でした。 04/03/24
西やん小舎の「ギャラリー」  今週末は、恒例の「西やん小舎 寒中オフ会」が開かれた。夕方頃まで外デッキで過ごせるほどの暖かさでビールもはかどった様。西やんとサトさんそれにプロUさんも交えての山の写真談義は延々と続き、小舎に入っても冬眠から覚めた!くまぁさんも参入して遅くまで盛り上がったようだ。今度こそは是非ともシュラフ持参で参加しょう。 04/02/21
タラの芽  昨年、西やん小舎に出没した「タラの芽ドロ」が切り取り結局置いていった可哀想なタラの芽。何人かで引き取ったのだが春近しとやっと芽が出てきた。日照不足なので晴れ間を見て庭のブナの木の脇で日光浴。 今日の晴天で玄関先の2つの「かまくら」も小さくなってしまったみたい。2月に入って一番綺麗に見えた鳥海だったが… 04/02/11
氷の張った田んぼの白鳥  車のガラスが凍るほど冷え込んだ朝、久しぶりに鳥海が姿を見せた。郊外の田んぼの雪も今年は極端に少なく、氷の張った田んぼでもエサをついばむ白鳥が今も見られる。今月24,25日には恒例の寒鱈まつりが行われるが、暖冬ではいまひとつ気分が盛り上がらないようだ。 04/01/07



話題に戻る


四季 スキー 自然 LINK 掲示板