TOPページ

        2014年 

   
 2002年1月よりTOPページで「見えた時だけの鳥海山」の姿を紹介していますが、更新するたびにこのページに移動します。なかなか山に行く機会もとれず酒田市内からの鳥海が多くなると思います。
2002年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2003年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2004年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2005年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2006年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2007年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2008年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2009年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2010年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2011年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2012年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2013年の見えた時だけ鳥海はこちらへ


雪をかぶった鳥海(手蔵田付近  用事で朝から外出したら綺麗に晴れ上がった空にくっきりと雪をかぶった鳥海。カメラを向けてる人もちらほら。思わず自分も家に戻ってから山を見に出かけた。この時期定番の構図である白鳥や柿の木などを撮りに手蔵田辺りから杉沢方面へ行く。

( 秋の農作業 遊佐サン・スポランド     柿の収穫作業 ) 
14/11/21
鳥海湖からの山頂方面  10月15日に初冠雪を迎えた鳥海にも暖かさが戻ってきた。快晴に誘われて御浜まで上がってみた。多くの登山者は山頂へと向かっていたが、そんな気力もなく鳥海湖へと下りた。朝は冷えていたが晴天の木道歩きの爽快さは格別だ鳥海湖畔でゆっくりした後は千畳ヶ原を少し歩いてから下山する。今年はたった2度しか鳥海に来ていない(>_<) もう少し山歩きを楽しむためには日頃の気持ちの余裕も大切と反省する… 14/10/25
夕焼けの雲に浮かぶ鳥海山  今回で3度目の月山外来植物除去作業に参加し秋晴れの8合目から山頂泊まり姥沢口へと歩いてきた。紅葉にはやや早かったが秋の山を楽しむ多くの登山者でにぎわっていた。山頂から見る夕日朝日、夜は満天の星空と庄内・内陸の街の夜景には暫し見とれてしまう。作業地には前回除去したはずのセイヨウタンポポの根が深いため再生してる状態で継続した除去が必要かも。秋の山は咲き乱れるリンドウの紫が主役だな。 14/09/20
(その1)

 ・今年の月山は20年ごとに山頂の本殿を造り替える「月山神社式年遷座」の年に当たる。前日の19日に奉祝祭を終えたという真新しい本殿が夕日を浴びて輝いていた
 
翌日の早朝には白装束の信仰登山の列が続く
    山頂間近の一等三角点付近
    山頂直下の鍛冶小屋跡地付近
 ・夕日に染まる湯殿山方面の山並み
 ・夕方に肘折方面に現れた「陰月山」
 ・紅葉に染まり始めた姥ヶ岳への縦走路
  ・見かけた花      

14/09/20
(その2)
月山のクロユリと雪の山並み  昨年5月に続いて今年は頂上小屋泊まりで「月山外来植物除去作業」に参加。山頂周辺と鍛冶小屋跡地でセイヨウタンポポとオオバコを40kほど総勢27人で除去した。昨年作業した場所はだいぶ減ってはいたがまだまだ継続する必要がありそうだ。月山ビジターセンターに集合し「駆除隊バス」で8合目より上がったが山開き前で山は静か。高山植物だけが賑やかに咲き誇っていた。もちろん月山頂上に咲くクロユリも出迎えてくれたぞ! 14/06/26
(その1)

 ・ニッコウキスゲとコバイケイソウはまだ数輪だけでしたが…
  見かけた花        
 ・遠く朝焼けの中にうっすらと浮かぶ鳥海山
 ・一等三角点より湯殿山方面を見る
 ・「高山植物の女王」コマクサの開花はいつ?
 ・冬眠中のヤマネ?オコジョ?
 ・頂上小屋の夕食には焼いたぶっとい月山筍
 ・頂上小屋主人・芳賀さんの案内でお花畑を散策
 ・月山山頂で4:00から待ってたご来光
14/06/26
(その2)
テレマークスキーで御浜へ  3年ぶりに御浜までテレマークスキーで上がった。ブルーラインのゲート開門時には50台以上の車列広大な斜面には多くのスキーヤーと登山者が続く鳥海湖はいまだ雪の下、御浜ではモンベルルーム酒田店の開店時に会ったH氏にまたしてもバッタリ帰りの滑りはきれいな大斜面でもコケまくり。長202cm、幅6cmの細板で紐の革靴では滑りは二の次、自分にとってスキーはあくまでも登る為の道具。このテレマーク板と靴で苦節27年目です(^^;) 14/05/04
     滅多に行かない山だから(>_<)
    当日の画像をもう少しだけ…

 ・笙ヶ岳の大斜面も人気で向かう人も多い
 ・稜線まで登ったら御浜までは後わずか
 ・御浜への最後の登りに向かう人たちで混雑?
 ・笙ヶ岳の巨大な雪庇の下を滑る人もいた
 ・御浜から見た外輪と山頂方面
 ・鉾立駐車場からの奈曽渓谷と山頂方面
 ・帰ったら近所の新井田川ではボート練習中
14/05/04
日向川の鳥海橋よりの鳥海  市内の桜は今が満開。天気も良いし鳥海を見ながら遊佐町の定番桜スポットに行く。日向川に架かる鳥海橋付近の桜も咲き始め、また中山河川公園の桜も16日に開花したが見頃まではあと数日ほどか。遊佐駅内のカレーを食べてから寄った遊佐鳥海観光協会さんでは親切な女性職員の方から「これは最近出来たばかりですよ」と『史跡 鳥海山案内』を頂く。従来の観光パンフと違いなかなか面白いパンフでお勧めです。 14/04/17
バンケとツクシで鳥海にも春が来た!  今年もようやく春の訪れ。いつの間にかすっかり雪も解けて郊外の田んぼにはバンケとツクシが同居。新年度から3日間も晴れわたり鳥海も終日きれいな姿を見せていた。 昨年の11月半ばから諸般の事情によりページの更新もままならず、啓蟄ではないがようやく這い出して来た次第(^^;) たぶん、今年も山には数回行ければ良いかなとは思うが、まずは細々と”継続こそ力なり”と呟きながらパソコンにも向かおうと思う。 14/04/03


話題に戻る


四季 スキー 自然 LINK 掲示板