TOPページ

        2015年 

   
 2002年1月よりTOPページで「見えた時だけの鳥海山」の姿を紹介していますが、更新するたびにこのページに移動します。なかなか山に行く機会もとれず酒田市内からの鳥海が多くなると思います。
2002年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2003年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2004年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2005年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2006年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2007年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2008年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2009年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2010年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2011年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2012年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2013年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2014年の見えた時だけ鳥海はこちらへ


月山山頂と遠くに鳥海山  前日の16日に初冠雪した月山に行く。綺麗な紅葉も終え山は冬枯れの雰囲気。木道を横目姥ヶ岳から青空に浮かぶ鳥海を見ながら稜線を歩く。山頂には初雪も残っていたが風もなく暖かくいつものように三角点でのんびりする。「鳥海も人がいっぱいかな〜」と「明日は御浜あたりにいってみるか」とつぶやいてはみたが…「今年の山も今日で終わりかも」という思いが支配的? 紅葉には出遅れたが最高の”山靴洗い”登山だった。 15/10/17
 
 姥ヶ岳からの鳥海山
 一等三角点より鳥海を見ながら昼食
 一等三角点よりの肘折方面
 一等三角点よりの湯殿山方面
 冬枯れの牛首周辺
 暖かい日差しの木道を歩く登山者
 紅葉も終えた姥沢駐車場周辺
 月山志津温泉の五色沼
山頂に咲くクロユリ  昨年に続いての山頂泊まりでの「月山外来植物除去作業」イベントは天候悪化予報で中止。週末の雨が来る前にどうしてもクロユリを見たいと山頂へ。「恋」「呪い」と相反する花言葉を持ち、山頂にひっそりとうつむきながら咲くクロユリ。花の数は少なかったが今年も会えた。6月末頃の月山は花も咲き乱れ雪渓を吹く風も気持ちいい。雨も近そうな下山路で立ち話した登り途中の単独行の元気な女性は雨に降られなかったかなぁ… 15/06/26
 「見えた時だけ鳥海」
   ということで雨が近い雲行きでかろうじて見える
   だけでしたが…

     ・ 弥陀ヶ原付近にて
     ・ 9合目付近にて
      ・ 一等三角点にて


 見かけた花           
                (10)

雪の少ない稜線上からの鳥海  今年の鳥海は雪も少なく春スキーヤーも少なめのようだ。大平登山口には車は1台もなく雪の斜面も狭いテレマークスキーも積んで行ったが車に置いて歩いて登った。それでも中腹辺りの雪の大斜面は健在。例年ならせり出す雪屁も無い笙ヶ岳斜面はスキー天国。御浜から見る鳥海湖も直に割れそうなほど雪が少ない。残雪がもう6月頃の景色に見える今年の鳥海。この雰囲気だと高山植物の見頃の時期もだいぶずれそうですね。 15/04/29
     滅多に行かない山だから(>_<)
    当日の画像をもう少しだけ…

 ・見かけた花はショウジョウバカマだけ

 ・稜線上の積雪状況の比較
   ・今年4月29日の様子
   ・昨年5月 4日の様子
 ・御浜・鳥海湖分岐の付近
   ・今年4月29日の様子
   ・昨年5月 4日の様子


話題に戻る


四季 スキー 自然 LINK 掲示板