TOPページ

 見えた時だけ鳥海       2017年 

   
 2002年1月よりTOPページで「見えた時だけの鳥海山」の姿を紹介していますが、更新するたびにこのページに移動します。なかなか山に行く機会もとれず酒田市内からの鳥海が多くなると思います。
2002年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2003年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2004年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2005年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2006年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2007年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2008年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2009年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2010年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2011年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2012年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2013年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2014年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2015年の見えた時だけ鳥海はこちらへ
2016年の見えた時だけ鳥海はこちらへ

月光川「おくりびと」ロケ地にて  今年もほとんど山歩きしないまま4日に鳥海山の初冠雪を迎えた。酒田測候所が廃止となり酒田市の観測発表。マスコミでは日本気象協会発「5日に岩手山、八甲田山が本州で初冠雪」と伝えていた。気象台の観測の無い鳥海山はニュースにもならず…(-_-) 
鳥海の雪を背に庄内平野の稲刈りも急ピッチのようだ。この時期、郊外の田んぼは美味しい庄内米が陽をいっぱい浴びて眩しいぐらい黄金色に染まり輝いている。 
17/10/05
今年の山の日は鳥海へ!  山の日は遊佐鳥海観光協会さんのツアーに参加。大平から湯ノ台へと個人山行では滅多に歩けない縦走コースだ。総勢40人弱で3班に分かれて御浜を目指す。鳥海湖を見ながらの昼食後は7合目の縦走だ広い千畳ヶ原を抜けて幸治郎沢の急登を過ぎればもう河原宿も近い河原宿の雪解け水で最後の下りの力をもらい滝の小屋へと向かう。滝の小屋の雪渓を吹き下ろす爽やかな風が一日の疲れを癒やしてくれた。 17/08/11

鳥海湖の周りはニッコウキスゲが盛り
千畳ヶ原への下りもお花畑
ようやく急登の幸治郎沢が見えてきた
旧酒田労山のマドンナU嬢も同じ班(^_^)v
U嬢の愛称はペコちゃんだったような?
  (マドンナなのに後ろ姿ばかりで残念です)

・見かけた花
                   

 お互いにほとんど知らない人たちが団体で行動するツアー登山はやはり少々苦手。自分の意思で立ち止まり景色を見たり、写真を撮ったりするのも列をなしてる為にどうしても遠慮というかなかなか出来ずにストレスが溜まってしまう。
年齢的にも、いつまでも好き勝手に単独で山歩きなど出来ないことなど分かってはいるのですが…

残雪の豊富な月山  梅雨の晴れ間、イワカガミのメンバーであるM子とJ子の新しい登山靴の足慣らしを兼ねて月山に行く。両手に花?登山で「恋と呪い」の花言葉を持つクロユリに会って良いものか…と思いつつ山頂を目指す。遠く空に浮かぶ鳥海豊富な残雪咲き誇る花とこの時期の月山は魅力がいっぱい。山頂のクロユリは残雪やネズミの影響で僅か二輪だけしか探せなかった。再デビューした二人の山ガール?は果たして山に定着するか?? 17/07/08

姥ヶ岳の斜面はまだまだスキー天国
山頂への直登を前に余裕の二人だったが…この後?
一等三角点より見た湯殿山方面
月山山頂に咲くわずかなコマクサ
牛首下の木道はほとんどがまだ雪の下
いつものコンビニオニギリだけとは全然違った!

・見かけた花
       
  
八重桜の咲く春の鳥海  春の最上川左岸をMTBで走った。出羽大橋から庄内町のカートソレイユまで往復で40kmほど。市街地の河川敷を抜け、しっかりと見えていた種蒔き爺さんの雪形庄内橋まで来るとその姿は崩れる。ずっと鳥海月山を見ながら八重桜の咲く東屋で休憩。周辺はきれいに手入れされており鳥海も正面に見える風車が見える辺りでは川の流れも速く、本日の終点カートソレイユでは鳥海をバックに気持ちよさそうに走っていた 17/05/03
遊佐町中山河川公園の桜  桜も咲き天気が良ければ定番の風景。鳥海の残雪は昨年よりもずっと多く、この時期満開だった狩屋の梨の花も残念ながらごく僅か。おまけに先週吹いた暴風で桜も散ってしまったかと思いつつ八幡−遊佐方面に行ってみた。遊佐町中山河川公園の桜は暴風にしっかりと耐えたようで、写生するグループやドローンまで駆使した撮影会など皆この日を待っていたようだ。連休も近いが果たして一度は山歩き出来るかどうか… 17/04/24

滝の小屋線は牧場付近まで雪
湯ノ台牧場からはふり返ると月山
湯ノ台の水芭蕉群生地
鳥海橋の河原付近からの鳥海
遊佐町のサンスポーツランド付近にて
遊佐町杉沢の農道からの鳥海
ブルーライン陣屋手前の水芭蕉群生地

 連休の前半は昨年7月に鳥海の山頂にご一緒した山形山岳会の方々が万助コースを歩くそうでお誘いがあったが残念ながら行けず。イワカガミ会長のS氏が参加します。この時期せめていつもの御浜辺りまでは上がりたいものだ。
砂越駅ホームより鳥海を見る  日々の寒さに外出もあまりせず「生活不活発病」になるのもイヤだと啓蟄を前にのそのそと這い出す。
桜3月を前に冬眠生活の晴れた一日。
昔、子供会活動で最上川の河口から平田・砂越駅まで歩いたことを思い出し、日頃の散歩コースである近所の新井田川沿いを河口から平田・砂越駅まで鳥海山をずっ〜と見ながら歩いてみた。少しは春夏の山歩きに備えることが出来たようで満足満足。
 
17/02/28

実生橋木の山居橋からはよく見えず
山居倉庫からはこの地点からだけ
工事中の新内橋旧校舎解体後に期待?
めがね橋(新井田橋)とラベンダーの植栽
・定番のみらい橋から中ノ口橋方面の鳥海
浜田橋が鳥海を正面にする最後の橋
全108区画造成で大胆な桜の剪定?
良い名のついた幸福川との分岐点
バイパスをくぐり上安橋からは田んぼ
高速道路をくぐりひたすら田んぼと鳥海
歴史ある舟止橋何となく良い趣きがある
バンケを探し歩くが鳥海の姿は変わらず
平田小新井田川とさよならし街歩きへ
・撮り鉄さんと立ち話。感化され   
歩き終点の砂越駅。酒田までは200円

 鈍行電車内で幼い頃から今でもマドンナである同級生T女史とバッタリ。心地よく歩き疲れた気分が更にハイ↑となって足の痛みも忘れて家路につく。
 


話題に戻る


四季 スキー 自然 LINK 掲示板