香港発! 鉄拳TAG漫画  投稿者  Nao2  形式 駄文   アップ日時 01.08.Oct 





    香港の鉄拳3漫画の事なら、鉄拳好きな方にとって知っている方もいるかと思います。
    しかし、今回の鉄拳TAG本に関して知っている方は少ないのではないでしょうか?

    簡単に説明しますと、鉄拳TAGを題材にした凄い漫画です。
    何が凄いかと言うと、
    もともとストーリーというものが存在しないゲームにストーリーを持たせていること。

    1冊あたり40P〜50Pで、漫画は全てオールカラー、アメコミを彷彿させるものがありますが、
    画力は非常にレベルが高く、アメコミに無い東洋的な繊細さをもっています。
    もちろん全て中国語です。
    また、読者からのファンアート等、極めてフレンドリーで好感がもてます。
    文字は読めなくても、雰囲気や漢字でおおまかな内容なら理解できるでしょう。

    鉄拳3香港漫画同様、ナムコの許可を取っているとの事でしたが、
    Vol.12を発行後にナムコ側から差し止めを受けたらしく、創刊がストップしてしまったようです。
    この事は、人づてに聞いた事なので、確証は出来ませんがそんな事情があるようです。
    この事からこの漫画は、国内はもとよりかなり手に入りにくい漫画となっているようです。
    もし、香港に出かけた際に見かけた方は、是非手に取って見る事をお薦めします。
    また、Vol.12以降の発行の有無の確認が可能な方は、是非情報お寄せいただけたらと思います。

    主編・鐘国光
    編劇・李中興 製作總監・張永康 策劃・余詠良

    現在確認 Vol.1〜Vol.12

    価格 $13

    ・Vol.1のみ表紙違いの豪華版が存在し計3種類存在してある。


    創刊加厚本-$13 創刊珍蔵版-$28(2種)
    時は古代文明、2つの力が存在した。極限道と鉄拳道。2つの力が戦い極限道が勝利した。鉄拳道は世の中から姿を消した。
    時は2017年、風間仁は牢に投獄されていた。 振り返る事、三島所有の遊園地にて少女が不良達に絡まれていたのが発端だった。
    遊園地の設備をしていた少年がその事態に気づき止めに入る。チンピラを倒した後、リーダー格の男が勝負を挑んできた。
    しかし、その男に逆に返り内にあってしまう。
    っと、絡まれていた少女が男に戦いを挑む。彼女と男の戦いはいつしか黄昏時になるまで続いた。
    そんな折、倒された男に異変が起こった。彼の内に眠る力が目を覚ましたのだ。
    瞬間、男はリーダー格の男に10連撃を決め、未知なる力にてリーダー格の男は粉々に粉砕してしまったのだ。
    その後、殺人罪としてその男は投獄させられてしまったのだ。その男こそ風間仁だったのだ。
    仁が力を解放したその場には仁のパワーが具現化したと思われる彫像が残されていた。
    その場に姿を現した一人の男、彼は彫像を破壊してその場を去った。
    仁の投獄の知らせを聞き、人が動く。バイクに乗った一人の男。そして警察署を訪れたのは少女と老人、そして一匹のパンダ。
    警察署内で一人の警官と対峙する2人と一匹。
    と、同時に仁の牢屋が何者かによって破壊された。それは、彫像を破壊した男だった。
    悪魔の力量
    男は突如、仁に襲いかかった。瞬間、老人が間に割って入り仁を助けた。
    男と老人、そして署内では少女が警官と対峙していた。その隙をつきパンダが仁を乗せ彼を助けたのだ。
    突如彼の前に一台のバイクに乗った男が立ちふさがる。
    仁の後を追い、謎の男は更に仁に攻撃を仕掛ける。しかし、それを受け止めたのはバイクに乗った男であった。
    男の飛び蹴りとバイクの男の崩拳が衝突する。双方、激しく弾かれその隙にバイクの男は仁を後ろに乗せその場を後にしたのだった。
    仁はバイクの男から鉄拳道についての話を聞き、驚愕する。
    男は仁に向けて拳を繰り出した。瞬間、仁の中に眠っていた力が再び目を覚ました。
    三島一八
    バイクの男に本能で拳を繰り出した仁。男は仁の内に眠る邪悪な鉄拳道の力を見極めた。
    そして、仁の拳に合わせ肘で応戦し、仁を吹き飛ばす。
    仁は自分の内に眠る邪悪な力の存在に涙する。
    そして、自分の力を封印するために自分を殺してくれと男に叫ぶのだった。
    途端、異様な気配が2人の周りを包み込む。
    気づくと、一人の男が女性を抱えたままこちらを見ていたのだ。
    その男こそ、三島一八その男だったのである。気を失って抱えられているのは、仁の母親、準であった。
    仁は一八に向かうも準が側にいるために彼の攻撃は届かず、逆に押し返されてしまう。
    一八は2人を挑発し、姿を消したのだった。
    そして、仁は自分の成す事が見えたかのように一つの決心をするのであった。
    そして、バイクの男、ポールと行動を共にする事にしたのだ。
    天戦
    2人は飛行機に乗っていた。そして、その2人の様子を蛇のような冷たい目で見つめる一人の男がいた。
    ポールがトイレに立つ事を見計らってか、男は彼を待ち伏せていた。
    男は彼の隙をつき、非常扉を開き彼を外に突き飛ばしたのだ。
    異変に気づき仁が駆けつけた時には、既にポールの姿はなかった。
    仁と男の戦いは乗客を巻き込んだすさまじいものとなった。
    突き破られた壁から、乗客が吸い込まれ消えていく。
    乗客を吹き飛ばし襲ってくる男に仁は怒りにより、再び内なる力の解放を行ってしまう。
    仁の10連撃が男にヒットし、その凄まじいパワーにより飛行機は空中爆破を起こしてしまう。
    爆破した飛行機から次々と乗客が燃えながら落ちていく。
    瞬間仁は意識を取り戻し、背後を振り返ったそこには、燃え盛る飛行機が迫っていたのだった。
    部門大賽
    燃え盛る飛行機を目前に一人の男が拳で仁の危機を救ったのだった。彼は外に投げ出されていたはずのポールであった。
    投げ出されたポールは何者かの助けにより、再び飛行機内に戻っていたのであった。
    そこにいたのは、署内にいた少女とパンダであった。
    パンダは少女を乗せたゴムボートをかつぎ空に舞い上がる。
    仁は燃えながら落ちていく乗客を目にし、自分の力を憎み泣いた。
    と、子供を抱きかかえたまま落ちてくる女性を目にした。母親は既に息を引き取っていたが、子供にはまだ息があった。
    彼は子供を救い、少女とパンダのいるゴムボートに着地したのであった。
    やがて、一向は客船に救助された。
    客船は格闘大会に向かう船であった。そのまま、一向は大会に参加する。
    仁はポールとTAGを組み、勝利していく。そして大会を遠くから眺める一人の男がいた。その男こそ三島一八であった。


    Vol.6 GUN JACK

    Vol.7 悪魔仁

    Vol.8 ●●風間仁

    Vol.9 我和●的差距

    Vol.10 鉄拳門極限

    Vol.11 舞神・積遜

    Vol.12 受辱之戦

    Vol.13 大決戦

    「VOL.5」以降の表題に関しては左記参照の事。

    日本語に無かった漢字は当て字もしくは●にて塗りつぶしで処理しています。

    また、「Vol.13 大決戦」においては、予告として記されてあったタイトルを参照しております。

    現在、この13巻が発行されているかどうかは確認できておりません。

    どうでしょうか?

    以上の内容、Vol.5までの概要を見ましても、かなりハードなストーリーである事がわかると思います。

    とにかく今回、鉄拳3漫画と大きく異なる点、それが人の死に関してだと思います。

    この辺りと、もともとストーリーが存在しないTAGにストーリーを生み出す事への強引さが、

    ナムコ側から圧力がかかった原因でないかと思います。

    是非、最後まで見てみたかったストーリーだったので、再継続出版される事を期待しております。

    また、これらの香港漫画に詳しい方いましたら、情報いただけたらと思います。





    Special Thanks to...

    Victar /(U.S.A.)