report

ドリキャス版 鉄拳3__投稿者 NTp 形式 駄文 アップ日時 01.11.25 




    どーも、こんにちわ。

    皆さん、お元気ですかぁ〜!

    鉄拳やってますかぁ〜?
    やってますよぉ〜。

    鉄拳3やってますかぁ〜?
    やってませ〜ん。



    と言う事で、今回のお話は、タイトルの通り鉄拳3が主役のお話です。

    世間では鉄拳4もタイムリリース全キャラ出し尽くしたところで落ち着いてきた感じですね。

    そんな中に変な話がまいこんできました。

    ドリームキャスト版鉄拳3

    なんと、ドリームキャストに鉄拳3が登場するのです!

    プレイステーション版をしのぐ高解像度でプレイが可能

    凄いですね〜!でも、なんで今更3なんですかぁ〜?

    という事で、さっそくネタをばらしてしまえば、

    パソコン版鉄拳3

    それに付随している「 bleem 」が一枚かんどります。

    知っている人は知っているかもしれませんね。

    ドリームキャスト(以下DC)でもプレイステーション(以下PS)のソフトを動かすことが出来ると言う事で

    以前「グランツーリスモ2」が取り上げられました。

    bleemcast! for グランツーリスモ2

    という、 グランツーリスモ2のみをDCで動かす為のソフトが売り出されたのです。

    実際、それらを確認することは出来ませんでしたが、かなりの高解像度で再生され一部ファンで話題になりました。

    その第2段として、選ばれたのが「鉄拳3」だったのです。

    bleemcast! for TEKKEN 3
    2001.11.08 発売 商品番号5100 bleemcast! for TEKKEN3 \1480

    情報を元に早速、関連店に赴き手に入れることができました。

    オリジナルCDケースに入れられたそれのデザインはいたってシンプル。

    PS版とDC版の画像の比較画像とともに英語の説明が記載されていました。

    もともと海外輸入版ですからね。

    CDケースにはCDが2枚入れられるようになっています。

    実際入っているのは、鉄拳3をDCで動作させる為のCDkeyのみだけです。

    「bleem」をパソコンで使用したことがある人ならご存知かと思いますが、

    動作させる為には次の工程が必要になります。

    CDkeyを入れソフトを立ち上げる。

    画面の指示に従い、CDkeyとゲームCDを入れ替える。

    この工程はドリームキャストも同じです。

    それでは、実際にプレイしてみましょう。

    購入してきたCDkeyをドリームキャストにセットして電源を入れます。

    この時に、CDの裏と表を間違えないようにいれましょう。

    私は本気で裏と表を区別することが出来ずに、動かない動かないとひとしきり悩んでおりました。

    表裏が似ているので、気をつけましょう

    さて、画面にセガのロゴマークが現れますが、なにやらbleem社の小言が追加されておりますね。

    そして、画面が現れました。

    画面の選択に従い、CDkeyと鉄拳3のゲームCDを入れ替えます。

    と、CDが読み込まれ出ました、出ました!

    鉄拳3のオープニングムービー

    何も問題なく、スムーズにゲームは展開していきます。

    そして、いよいよ肝心のゲーム画面です。




    それでは、チェックタイムです。

    画面は確かにPS版より はるかに綺麗 になっています。

    しかし、既にパソコンで高解像度を一度体験しているので、今回のそれは衝撃的なものではありませんでした。

    今回再生している環境が、ビデオ端子からVGA変換をしてくれる「XRGB-2」を介して行っています。

    その為か、画質は思いの外期待するほどではありませんでした。

    DCからの出力がVGA出力なら更なる高解像度を期待出来たかもしれませんけどね。

    それで、ゲームを一通りプレイしてみたのですが、動きに やや重さを感じる 場面が多少感じられました。

    処理落ちに似た感じで一瞬だけの現象です。

    気にする程ではありませんが、気になる人は気になります。

    その他にプレイするにいたって大きな弊害はなかったと思います。


    しかし、プレイするにいたって オプションでキーコンフィグ を行おうと

    余っているキーにボタンを配置しようとしましたが、無理でした。

    通常のボタン配置なら可能です。

    そして、セーブの設定をオートセーブに切り替えました。

    その時です。

    何やら、見たこともない エラーメッセージ が現れました。

    今や、覚えておりませんが、

    このメモリーカードは規定外のもの・・・・か、初期化されておりません・・・

    な意味あいのものだったとおもいます。

    そして、そのままフリーズ!


    で、もう一度電源を切って、やり直しです。

    ゲームを始めると、先ほどのオプション設定が生きていたので、どうやらデータはセーブされたようです。

    で、そのままタイムリリースキャラクターを出す為に、クリアーしていきます。

    時々、オートセーブ時にエラーが頻繁に出ますが、

    ビジュアルメモリをもう一度抜いて差し込んで再度セーブすると何とか大丈夫なようです。

    そんなこんなで、全キャラを登場させセーブも出来たことを確認しました。

    それで、ふとビジュアルメモリ内の鉄拳のデータはどのようになっているのだろうと思い

    DCのオプション画面からメモリーカードを調べて見ました。



    愕然

    今まで蓄積されてあったデータは全て消えうせ、このビジュアルメモリ自体がbleem専用と化していたのです。

    ビジュアルメモリのアイコンも今や、bleemのロゴマークと化してました。

    あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

    ソウルキャリバーのデータがぁぁ・・・

    ソウルキャリバー(欧米版)のデータがぁぁ・・・

    グランディア2のデータがぁぁ・・・

    バイオハザードベロニカのデータがぁぁ・・・

    バイオハザード2のデータがぁぁ・・・

    ハウスオブデッドのデータがぁぁ・・・

    チャンネル5のデータがぁぁ・・・

    Dの食卓2のデータがぁぁ・・・

    ドリームパスボートのデータがぁぁ・・・

    その他いろいろなデータがぁぁ・・・





    こうして、私のドリキャス歴史はここに幕を閉じたのです。






    追記

    このソフトを販売して後、bleem社が謎のサイト閉鎖を行ったようです。
    どこからか圧力がかけられた為という説もありますが、自主的な営業停止という説もあります。
    ソフトの生産も事実上ストップしたわけで、現在国内にある在庫のみという可能性が極めて高いです。

    ボスコノビッチを覗く全てのキャラでクリアーした場合に現れるシアターモードで再生できるはずの
    鉄拳、並びに鉄拳2のムービーは再生不可能のようです。完全に鉄拳3専用として使ってください。




BACK

01.11.24
感想等頂けたら嬉しいです