GBA鉄拳レポート  投稿者  Nao2  形式 駄文   アップ日時 05.Jan.2002 



    2001年12月21日に発売された鉄拳アドバンス(GBA鉄拳)

    ついに発売され自分も発売日にゲームボーイアドバンス本体と共に購入しました。

    ちなみに前述の通り、一般公開された体験版で2度もプレイしていたので、改善の確認という意味合いで手にとりました。

    ちなみに、仕事中にそのまま外出すると言い残しそのまま買いに行ったというのは内緒です。

    で、説明書を見てみました。

    ストーリー設定などまるで無く、従来の鉄拳3がGBAでも出来ますよ!

    という事だけを示したいだけなのだと率直に感じました。

    移植にしろ通常なにがしらのストーリー説明やちょっとした設定などあるはずなんですが、何もないというのは寂しいですね。

    今考えてみれば、外伝でもそんな感じでちょっとしたストーリーをつけてもらえれば楽しめたかもしれんです。

    で、以下から体験版をプレイした時に感じたこと、完成版に期待する事などを実際と比較して紹介してみましょう。



    • 投げ技に関して
      :期待外れ。キングやニーナのコマンド投げを除いて、他のキャラは通常投げ1種のみというのは悲しすぎます。
      側面投げ、背後投げなど期待し過ぎていたのでしょうか。

    • 軸移動に関して
      :結局、何か変。軸移動で相手の攻撃がかわすことは出来るようだが、いくら横移動しても相手の側面にまわれない。

    • 3on3モードに関して
      :時間がかかって大変。特別何かあるというわけでもないので退屈。
      3人に増やす意味があるのか疑問?2人でも十分な気がするのだが。
      1試合が時間がかかってしまい、1回プレイしただけでお腹いっぱいです。

    • 勝利ポーズに関して
      :キャラが拡大されただけで終わり。期待を削がれまくり。泣きたくなりました。

    • ラスボスに関して
      :やっぱり平八で終わりでしたね。

    • 各キャラごとにきちっとしたエンディングを用意して欲しい!
      :スタッフロールだけで終わりました。何もありません。これ駄目じゃん!

    • おまけ要素を何かつけてほしい
      :期待するだけ無駄だったのでしょうか?

    • 初回特典版
      :恥ずかしい発言でした。



    これ買って正月で家に戻った時に遊ぼうかと思っていたのですが、私のプレイ記録は以下の通りでした。

    1. アーケードモードでシャオをプレイした。
    2. 平八を倒してクリアーした。
    3. スタッフロールだけのエンディングに心で泣いた。
    4. オプション設定で試合を1ラウンド制・EASYモードに変更した。
    5. アーケードモードで全キャラをクリアーした。
    6. クリアーの度にスタッフロールの場面で心で泣いた。
    7. 全員クリアーしたらラスボスの平八が使えるようになった。
    8. 平八でクリアーした。
    9. スタッフロールを見た。
    10. 何か変化があるか確かめた。
    11. 何もなかった。
    12. 3on3モードをプレイした。
    13. ようやくクリアーした。
    14. スタッフロールだけのエンディングを飛ばし見た。
    15. 何か変化があるか確かめた。
    16. 何も無かった。
    17. サバイバルモードをやってみた。
    18. 記録が残ったので名前を登録した。
    19. 何か変化があるか確かめた。
    20. 何も無かった。
    21. タイムアタックモードをやってみた。
    22. 記録が残ったので名前を登録した。
    23. 何か変化があるか確かめた。
    24. 何も無かった。
    25. プラクティスモードをやってみた。
    26. シャオの10連に挑戦した。
    27. 何とか出来るようになり満足した。
    28. キングとニーナの投げコンボに挑戦した。
    29. コマンドを暗記するのに即挫折した。
    30. 動かない相手にしばらくボコボコしていた。
    31. 飽きてきた。
    32. 電源切った。
    33. ・・・・・・・・
    34. ・・・・・
    35. 新しいゲームを買ってきた。
    36. カートリッジを抜いた。
    37. それはゲームボーイカラー専用ゲームだった。
    38. ハマッた。
    39. 現在進行中である。
    40. 抜いたカートリッジがどこかにいってしまっていた。

    実働プレイ日数・・・3日




    これが、自分が感じた正直な感想です。

    もち、これに反した皆さんの意見も多くあると思います。

    しかし、この結果は自分があまりに期待を抱きすぎていたからなのでしょうか。

    確かにこれまで、3Dで構成されてきた世界観を2D上で再現するというのは非常に困難かつ難しい作業だったと思います。

    これに対し、鉄拳の再現性というのだけ見れば成功しているのでしょう。

    しかし、ファンの満足度を得るには力不足といったものかと思います。

    鉄拳の代名詞である、10連、横移動、無限フィールドの再現しているという触れ込みですが、

    鉄拳4になった今、10連の名前は廃れ、横移動も新たな進化を遂げ、無限フィールドなど撤廃されてしまいました。

    新たな生まれ変わった鉄拳4に対し、過去を引きずるような今作はどこかマッチしていないのではないのでしょうか?

    せめて、これが鉄拳4の世界観を現しているのならば、また違っていたかもしれません。

    そして、コンシューマー鉄拳の醍醐味であった以下の要素が全てカットされていた点は大きな問題だったと思います。

    • OPムービー
      ムービーとまではいかなくても一枚絵で綴る簡単なデモぐらいは欲しかった。

    • タイムリリースキャラクター
      これを一番期待していた人も多かったはず。まさか平八一人だけというのは予想上最悪の展開でした。

    • エンディング
      家庭用鉄拳の醍醐味こそ、キャラごとに用意されたエンディングでした。
      ムービーこそ荷が重くてもキャラごとに何かしら用意しておいてほしかったです。

    • おまけ要素・ミニゲーム
      家庭用鉄拳はこれがあるから面白いと言わせるもの。
      誰もが期待していただけに何もないのは何かの間違いなのではと。


    鉄拳が鉄拳らしく受け入れられる為には、上記の欠点があまりに痛すぎると思います。

    たいしたものではなくても、あればあれで納得がいったかもしれんですが何も無いで終わってしまうのは悲し過ぎます。

    3Dの再現性が凄い!と言っても、それは第一印象だけの勝負であってプレイしてみれば、たったこれだけ?

    で、終わってしまいました。


    体験版をプレイした時に、ナムコスタッフさんに聞きました。

    これの続編って出ますかね?

    ん〜、人気が出たら出すかもしれないですけど予定はないです。

    ・・・・・・・・