TEKKEN4 PS2に希望  投稿者  Nao2  形式 駄文・メール・BBS   アップ日時 01.--.-- 



    PS2版ではこれやってくれ!
    あなたの思いをここにぶちまけてくださいな。
    お名前

    メールアドレス

    やって欲しい事・感想・共感・意見




    ファンの声追加モードキャラクターミニゲームおまけ要素その他





      ファンの声

    • ネット対戦!
      無理なのはわかってます。ただ言ってみたかっただけ・・・。

    • せめてネット対応!
      ネットに対応する事で何が出来るのか、と言えば対戦できなくったって色んな事できるはず!

      ★ネットランキング
      タイムアタック、サバイバル、オリジナルミニゲーム等のスコアをネットを通じて自分の順位を確認できる。
      家庭にいながら、世界のランカーの記録と自分の記録を比較できて、熱が入る事間違いなし!

      ★ホームページ連動サービス
      ネット連動と言えば、ナムコのアーケード版「ソウルキャリバー」の前例がありました。
      特定の条件をクリアーして得られるパスワードをホームページ上で入力すると、いろいろな特典が得られました。
      また、ドリームキャスト版「ソウルキャリバー」でも、たくさんの情報とミニゲームのダウンロードなど様々な遊び要素がありました。

      ★鉄拳erチャット
      対戦は出来ずともチャットなら出来るはず!
      と言う事で、共通の話題を語りあいましょう。ゲームをしながらチャット・・・・・・ん〜どうかな?

      ★新要素、バグ修正、ダウンロードサービス
      コスチューム追加、新ステージ追加、など追加プログラムをダウンロード、バグの修正プログラムも同じく。

      ★ギャラリートレード
      もし、ギャラリーモード(対戦中の画像を撮影)があって、自分のお気に入りの画像をネット上にアップできたり、 また、他の人がアップした画像を自分のギャラリーにダウンロードして閲覧できるようなモードがあったら凄い盛り上がると思うな。

    • PS2版オリジナルOPムービー
      今回もきっと、やってくれるだろうと期待しつつ、アーケード版では一八と平八しか出てこなかったので、
      PS2版では、全キャラを出して欲しいです。真の主人公(?)仁をメインにしたバージョンとかね。
      個人的にシャオを頑張ってください・・・・台詞つきで

    • ストーリー感をもっと重視して欲しい
      アーケード版ではキャラクター性、ストーリー性の演出というのがほぼ皆無なだけに、そこんとこを家庭用では是非頑張って欲しい。
      対峙したキャラクターによって、バトルまでの演出をつけてほしい。
      中でも、以下のキャラ関係は必須でしょう。

      ★:一八 VS 平八・・・・宿命の親子喧嘩
      ★:一八 VS 仁・・・・因縁の親子対決
      ★:一八 VS ポール・・・・過去のライバル対決
      ★:一八 VS ヴァイオレット・・・・義兄弟、(唯一変化があったパターン?)
      ★:ポール VS ロウ・・・・修行仲間
      ★:仁 VS シャオユウ・・・・謎のE-MAIL、探していた人
      ★:キング VS マードック・・・・復讐の為に


    • ラウンド終了時、開始時のつなぎ時のキャラ動作に関して
      悔しそうに地面を蹴ったり、気合を入れたりといくらかありますが、少なすぎです。
      それより、全キャラ同じような動作をするのは余計違和感感じてしまいます。
      どうか、キャラごとに固定のパターンを用意して欲しいです。

    • 台詞を増やして欲しい!
      せっかく、ボイス解禁したんですから、出し惜しみせずにもっと喋って欲しいです。
      中途半端な台詞だと余計戸惑っちゃいます。また、やるんだったら、対峙するキャラクターに応じた特別なボイスとかもあったら面白いかも

    • キャラ選択時のCGを2Pカラーも用意してほしい。
      ソウルキャリバーでやってたような、2Pカラーバージョンのイラストも用意してください!

    • ステージの人たち。
      なんか、タッグの方が人間味が出ている感じがする。
      なんか、お人形さんみたい・・・タッグとは作りが違うんだろうけど、キャラクターと比較すると人間味が感じられない。
      動作もみんな似たようなもので、見ていても面白くない。

    • ステージ
      もっと、増やして〜



(注 ここで取り上げております願望は鉄拳ファンの純粋であり勝手な希望を綴ったものですので、実際のゲームに反映されるという 事ではありません。