report

TEKKEN 5 (USA version)  投稿者  MANIAX管理人  形式 駄文   アップ日時 05.03.16 




    ヽ(`Д´)ノ いやっほぉお!


    久しぶりの更新だぁー!ヽ(`Д´)ノ

    仕事中にやってるじぇーヽ(`Д´)ノ



    ↑(いけません)



    ゲーセンに対戦行ってみたりな、ゲームだってたまにしたいからな。

    更新なんてしてる時間取れないのよ。

    私は、忙しいのだ。

    (´・∀・`)こう見えても!



    ↑(言い訳です)



    とりあえず、今月末に遂に、家庭版鉄拳5が発売されるわけですよ。

    もう、待ちに待って待ちまくたびれだよな ヽ(`Д´)ノ みんな!



    移植度のスピードからすれば、本来凄い早さなんですよ!

    こんな気持ちになるのも、先に海外でソフトが発売されてたりするからです。


    どうして、アメリカやアジアでは、日本より1ヶ月も早く発売するんですか!

    日本の鉄拳ファンの不満の声が高まるのを予想できんかったんか!


    ナ ム コ よ


    (ちなみにPS2版鉄拳タッグでは日本で発売された半年後に北米版が発売されております。)

    まぁ、分かっていたとは言え、ファンの願いや、スタッフ達の意見が仮にあったとしても、

    頭の固い会社経営層が、そうほいほいと動いてはくれんものなんですよ。

    仮に、発売時期を揃えましょうと日本側が提案したとしても、海外は海外の事情があるのでしょう。

    何故海外がそれほどまでに早まったのかという説にはいろいろな噂が流れております。


    日本と海外では企業の決算時期が異なる為、海外では早々に売り出さなくてはならなかったとか。

    日本のゲーセンへの配慮を考慮したとか。(家庭版出現によるアーケード業界への影響)

    日本版の歴代家庭版鉄拳シリーズの発売日、3月末実にこだわったから。(10周年ならなおさらか?)

    日本版だけのオリジナル要素追加の為の遅延(一般ゴーストキャラ募集 etc、ぐらいの為?)

    米国サイドの日本サイドに対する嫌がらせ(鉄拳タッグ時のお返しとか)


    で、予想通りに日本の(一部)熱き鉄拳ファン達は、大いに不満爆発お怒り様なわけです。

    現実に1ヶ月も早く家でぬくぬくと鉄拳しておる海外の奴らが羨ましくて悔しくてしょうがないわけです。

    差別だ!なんだ!日本なめんじゃねぇ!と、わめくも所詮それは、

    ネット上に広がる活字のみの愚痴り合いのまま消費され流されていくだけです。


    私も1人の鉄拳ファンとして、悔しくて羨ましくて眠れぬ日々を悶々と過ごしておりました。


    悶々(*`Д´*) 悶々



    とにかく、あちらで早く出回ってしまうという事は、鉄拳ファンの私にとって最も辛かったのが、


    ネ タ バ レ


    そう、キャラ別に用意されたエンディングムービーが、開放されちまっているという事です。

    更にそれは、この1ヶ月もの間、様々な形で、私の周囲を遠慮なく脅かし頭をビシバシと叩いてくるのです。

    ネットの掲示板に目を通せば、はいネタバレ、ほれエンディングムービー・・・

    もう、見てらんない!

    隠し要素やストーリー展開といった家庭版の核となる自ら発掘していく楽しみが奪われてしまうんですよ。

    私の記憶を抹消してくれ、この野郎!

    と、苛立ちと、知ることの恐怖感にさい悩まされておったわけです。



    そんなこんなで大げさなと、そりゃぁ普通の方は思うわけですよ。

    そりゃ、そうです。

    人それぞれの興味と価値観の対象は違いますからね。

    私にとっては、今それがたまたまこれだったわけですから。




    私のような鉄拳ファンにとっては発売日に、

    ひっそりと自分だけの世界に浸り、

    エンディングを1つ1つ見ていく事が、

    かけがえのない楽しみなわけです。




    先に入手して技を磨くなり練習するなりは、私には関係ありません。

    頼むから、エンディングムービーのネタばれだけは勘弁して欲しいところです。


    対戦動画の垂れ流しは暗黙の了解で仮に目をつむってもらったとしても、

    こういったネタバレが発売前に国内で蔓延するのってどうなんでしょう。

    確か、以前にゲーム画像を無断使用で摘発されたというケースがありましたけど、

    今回の件十分それに値しかねないと思いますよ。

    ま、発信元が海外じゃ手の撃ちようが無いのでしょうね。

    それらに国内からリンク貼っちゃったりするのも、助長推進的なものでどうかと思います。

    明らかに、国内の購買意欲を削ぐものですし、ファンの楽しみと期待を著しく下げてしまいそうなものですけど。

    鉄拳5は、歴代の鉄拳シリーズの中でも最高位の仕上がりです。

    しかし、歴代の鉄拳シリーズの中でも購買意欲に対する期待感が薄い作品となってしまいました。

    発売前に、隠し要素は全てネタバレ、エンディングムービーだって見れる人には閲覧済みです。



    頭来ますね!ほんと


    楽しみにしていた最新映画の結末を、会場入りで並んでいる横で、

    見終わってる奴らがべらべらと自慢げに暴露話ししたりしてな・・・、クウキヨメバカ

    進行中の人気RPGゲームにしろ、電車の中でな、目前の学生君達が、

    エンディング糞とか、PARさいきょーとか、ラスボスあいつとか、○○萌えーとか・・・、ダマレクチフサグゾ

    推理小説だってそうですよ!

    読み始めようと、扉頁開いたら「犯人はヤス!」なんてイタズラ書きあったら、もうぶん投げますよ。





    わかるだろ! (# `Д´)ノ

    このアツイ気持ちが!

    ヽ(`Д´ #) なっ?なっ?



    _| ̄|○ ハァハァ





    とりあえず、私はネタばれが大嫌いなわけなんですヽ(`Д´)ノ

    でも、そういう人程ネタ提供が好きなんですよね(*´д`*)

    うむ、気持ちはわかるぞ。




    と、いうわけで、きっと多くの鉄拳ファンの方達が、遙か海の向こうに羨望の眼差しを向けておったはずです。


    さて、胸中の思いを吐き出してすっきりしたところで、本題へとまいりましょうか。

    この度、鉄拳5が稼働した辺りからコンタクトを取り始めておる、米国の鉄拳ファンの1人に交渉をして、

    米国版鉄拳5を入手する段取りをしておりました。


    この時点で、日本版発売は3月31日で決定したわけですが、北米版は発売日がまだ決まっておりませんでした。

    3月15日というのが、当初の有力情報でしたが、直前になり、異例の前倒しで2月25日へと変更されたのです。

    日本版より1ヶ月以上もの差をつけての発売です。

    これは驚きました。

    そうして、米国版には10周年限定ボックスなるものが2万台限定で販売されるということです。

    鉄拳5のソフトに、スティック、ディスクケースなどついてお値段100$

    その名も


    TEKKEN5 ULTIMATE COLLECTORS EDITION


    これに、輸送代込みだと結構な額になりますわ。

    そうして、お願いしていたわけで、到着するのを今か今かと待っておったのです。

    その過程にはいろいろとトラブルもあったわけですが、なんとか3月6日に遂に到着したんです!




     遂にヽ(`Д´)ノ キター!




    ドン!









    で、中から出てきたぞ!

    ババーン!









    開いてみたぞ!

    パンパカパーン!








    おぉ、すげ!

    と、いうことで、せっかくだからレポートしてみるかー!



    NEXT PAGE





2005.03.16
感想等頂けたら嬉しいです