TEKKEN
OGRE

 MAIN STORY  CHARACTER  SIDE STORY 

 TEKKEN 3 




インディオの古代遺跡から出現した謎の生命体で、一説によると「古代宇宙人が残した戦闘兵器」だといわれている。 その姿は古代インディオの戦士の姿に酷似している。 強い魂を求め各地を彷徨い格闘家を襲っては、その身に吸収しているという。 吸収した格闘家の技を身に付ける事ができるらしく、風間仁の母親、風間準やファランの師、ペクなどが既に吸収され犠牲になっているものと思われる。

第3回大会の決勝に突如出現し、ポールの前に一度敗れている。 その後、第二形態へと姿を変え、風間仁と激闘を繰り広げた。 結局、仁の前に敗れその身を崩壊してしまう事になり、吸収してきた魂は天に帰っていった。



  • オーガ(第二形態)
    強き魂を吸収した後に変形した真の姿。
    その姿は怪物と化しあらゆるものを燃え尽くす炎を吐く事が出来る。 ポールと風間仁と対決しており、敗れている。

  • 三島 平八
    インディオの古代遺跡発掘を命令し、出現した謎の生命体により、鉄拳衆は壊滅的な被害を受けた。
    闘神を自分の手中に収めようと画策する。

  • 風間 仁
    15歳の時に闘神の襲撃に遭い、母を失う。
    その後、平八の元を訪れ闘神を倒すべく力を身に付ける為、修行を行い三島流喧嘩空手を体得する。
    第3回大会の決勝で闘神を倒し、優勝するも、その後行方をくらましてしまう。

  • 風間 準
    仁の母親で、闘神の襲撃時に行方不明となってしまった。

  • ポール・フェニックス
    闘神を倒し、全てが終わったと思い、その場を後にしてしまうが、闘神は第二形態へと姿を変え、試合は続行していた。
    皆から嘘つき呼ばわりされ、散々な目に合っている可哀想な格闘家。

  • Dr.ボスコノビッチ
    闘神の謎を知る唯一の人物。
    謎の奇病にかかってしまい、それを治療する為には闘神の血が必要らしく それを知った吉光がそれを得る為に大会に参加する。

  • 吉光
    Dr.ボスコノビッチを助けるべく闘神の血を入手する為に第3回トーナメントに参加する。
    入手に成功したようだが、それでDr.ボスコノビッチの奇病が治ったかどうかは謎である。

  • ニーナ・ウィリアムズ
    闘神の波動によりコールドスリープから目を覚まし、操られるがまま風間仁を標的とする。

  • ファラン
    闘神に襲われ、行方不明になってしまったペクの門下生。
    闘神を追い、第3回大会に参加する。

  • ペク・トーサン
    ファランの師であり、テコンドーの達人。闘神に襲われて行方不明になってしまった。

  • キング(初代)
    闘神により、命を奪われてしまう。

  • キング(2代目)
    闘神により、命を奪われてしまった初代キングの意思を継いで2代目キングとなった青年。
    アーマーキングの師の下、闘神を倒すべくトレーニングに励み、初代の仇を打つ為にトーナメントに参加する。

  • アーマーキング
    闘神により、命を奪われてしまった初代キングの友でありライバルでもあった。
    闘神を倒すべく2代目キングの師となり、キングを鍛え上げる。

  • 三島 一八
    闘神に襲われた格闘家の一人として噂されていたのだが、真意の程は定かではない。

  • リー・チャオラン
    闘神に襲われた格闘家の一人として噂されていたのだが、真意の程は定かではない。

  • ブルース・アービン
    闘神に襲われた格闘家の一人として噂されていたのだが、真意の程は定かではない。

  • ワン・ジンレイ
    闘神に襲われた格闘家の一人として噂されていたのだが、真意の程は定かではない。

  • 州光
    闘神に襲われた格闘家の一人として噂されていたのだが、真意の程は定かではない。

  • クマ(2代目)
    闘神など眼中に無し!




オーガ
PROFILEOGRE & TRUE OGRE
国籍不明
格闘スタイル不明、魂を吸う伝説あり
年齢不明
身長不明
体重不明
血液型不明



STORY

オーガは「古代宇宙人が残した戦闘兵器」だという伝説が

インディオに残されている。

すべての人物、人造物の構造を理解しており

自分に吸収できるらしい。

より強い魂を求めてさまよっているが

そのほかの謎は闇に包まれている。





END... AWAKENING

大会に突如姿を現した闘神オーガ

頂点を極めた格闘家を取り込み、今まさに最終形態へと変貌しようとしていた。

激しく動悸する肉体

そこから生まれたのは、おぞましいまでの怪物の姿であった。

咆哮した叫びは当たり一面に轟き渡る。


最終闘技場から突然途絶えた連絡、それを確認すべく2機のヘリが向かっていた。

到着と共に、爆発を起こす闘技場

その中に蠢く一匹の怪物。

天を飛ぶヘリに目標を定め、振りかぶり炎を吐き出す。

炎をまともに浴びたヘリは直後に爆発を起こす。

その爆風に巻き込まれたもう一機が怪物めがけて吹き飛ばされていく。

怪物はハエでも払うがごとく、ヘリをなぎ払った。

後方で爆発を起こし燃え盛る炎

その中、再度怪物は咆哮をあげる。

地獄の幕開けであった。